COUNT
PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORYS
COMMENTS
SEARCH BOX

「弟の夫(1)」田亀源五郎(双葉社・アクションコミックス)
by くさてる

<amazon>

 ゲイアートの巨匠、ということで、知っているかたにはとても有名だけれども、そうでないかたにはちとマイナーな作家である、田亀源五郎先生(公式サイト)の初の一般誌連載作品です。これまでの作品も何冊か読んだことはあるのですが、読者として明らかに対象外でありました(わたしが)。でも、田亀先生のTwitterのファンでもありましたので、今回のこの連載が一冊にまとまるのをとても楽しみにしていたのです。

 主人公、弥一の双子の弟が結婚していた相手は、カナダ人で男性でした。10年逢わないあいだに、弟は亡くなり、その弟の結婚相手が家にやってきたことで、娘と二人で暮らしている主人公は、その状況に困惑せざるをえません。いったいどんな風に対応したらいいのか…という内容の作品です。

 ゲイマンガを描いてきた先生ならではのお話、と思いもしましたが、そういう前提抜きでも十分読める、面白いお話だと思います。10年離れて暮らしてきた弟の突然の死、そして弟の結婚相手が男性でカナダ人だったこと、二重の異文化との出会いに対する弥一の反応が、とても丁寧に描かれていて読んでいて感情移入がしやすかったです。こういうテーマだと、単純に同性愛への嫌悪や偏見を前に出してお涙頂戴的なお話にすることも可能だったと思うのですが、そういう分かりやすい悪役や悲劇はいっさい出てこない。むしろ、そういう現実を目の前にした時の人間の感情としての、迷いや戸惑い、どうしていいか分からないからこそ無難にやり過ごしてしまう、という正直さが自然でした。うん、どうしていいか分からないよね。頭の中でごちゃごちゃ思ってても、口に出せずにとりあえず、固まっちゃうよね。

 そして、頭の中で思ったことをそのまま口に出しちゃうのが、弥一の娘の夏菜ちゃん。夏菜ちゃんの描写がまた自然でいいのです。カナダ人のおじさんなんて楽しいし、友達に自慢したいし、(男性同士の結婚が)こっちで良くてあっちでダメなんて、そんなの変だよね!また、この夏菜ちゃんの体型とか動作とかが、なんとも子どもと少女の端境期にいるもさっとした感じで、そういう子だからこその素直さだなーと説得力ありました。美少女とかそういうのでなくて、こどもはこどもであるだけで可愛いという現実がここにはあります。

 田亀先生の描線は、わたしにとっては劇画的というよりはよりマンガ的に可愛らしく見えます。1話の口絵とか超可愛い。けれど、その線で描かれる男性人物の肉体は生々しく、男性の肉体をこういう風に解釈して表現するやりかたがあるんだな、と、体毛や筋肉の描写にエロスを感じるのがちょっと新鮮でもありました。そこらへんはやはり先生ならでは、かな。

 マンガとしては、丁寧にエピソードが積み重なっていくタイプのお話なので、1巻では、正直いってまだこれからという感じではあります。マイクはそもそも長期滞在するつもりがあるかどうかも良く分からないし、最終話でのある人物の登場で、弥一にも家族との関係についてなにかしら抱えるものがあることが推察されます。今後どうなっていくのかがとても期待の一冊です。


|| 22:04 | comments (x) | trackback (x) | ||
「ニッケルオデオン【青】」道満清明(小学館・IKKIコミックス)
by くさてる

<amazon>

 8Pの読み切り短篇マンガが13編収録されています。

 可愛らしい絵と裏腹に、ぎりぎりのバランスで成り立っているような危うい感覚。それらが不思議と調和しているのが心地良いです。読んでいても、こういう路線で行くのかな?と思ったところで、ふっと軽く足を掬ってきて、こちらの予想を裏切ってくれる感じ。いきなり足元が揺らいでしまったこちらとしては、あっけない思いのまま、物語の行き先を見守るしかないわけです。読み手としての快感に浸りながら。

 微笑ましく感じられる内容のものもあれば、ブラックなネタや下ネタもあります。が、それらはどれも同じ世界軸の中で成り立っていて、読んでいて違和感や厭な感じがしません(ひとによってはするかもしれませんが。エロはそうでもないけど、グロはきついかも)。わたしにはそれが好ましいです。

 13編、どれもそれぞれ面白いです。個人的には、食人マニアに捕らえられた姉妹。姉が妹を助ける為に申し出たこととは…という「食餌の衝動」。食べてしまいたいほどにあなたが好き、が文字通りの意味である世界のなかでの純愛がせつない「ミシュリーヌとその中の者たちの話」、ハヤブサに恋した女子とそれを見守ることしか出来ない男子の「うたかたの日々」などが好きでした。読み手の数だけ、ベスト1が違うような気がする、そんな作品集です。

|| 22:54 | comments (x) | trackback (x) | ||
「カオスノート」吾妻ひでお(イーストプレス)
by くさてる

<amazon>

 世界は不思議に満ちている。それも不穏きわまりない落とし穴ばかりの不思議に。

 そんな気分にさせられる、吾妻ひでおの新刊です。この本が発行された経緯と作品紹介は、こちら(「失踪日記、アル中病棟、そしてカオスノートへ」)を参照にして下さい。

 ナンセンスギャグ、と説明されていて、確かにそうとしか表現は出来ないのだけど、もっともっと、より深い無意識のところをすっと撫でられる怖いものが見え隠れする作品集です。一コマで終わるものから数頁のものまで、短い作品が集まって250頁の厚い単行本になっています。こういう濃い中身の短い話が詰まっている厚い本のよくある紹介として、一気に読まずにひとつひとつ寝る前に拾い読みするのがおすすめ、とかいう言葉がありますが、これはそういう読み方をしたらむしろ落ちつかずに悪夢を見てしまいそう。

 怖いとかキモいとも違う。グロいといえばグロいネタもありますが(エロいものもある、暴力的なものも)、そういう気持ち悪さではなく、なんというか、脳の中の思ってもいない部分をすっと筆で撫でられたくすぐったさ、ぁ、自分の脳はこういう場所にも反応するんだと気づかされるような、とびっきりの脳内麻薬分泌ドラッグのような本であります。分かるネタと分からないネタがあるように感じられるのも、人によって、キくドラッグとキかないドラッグがあるようなものかもしれない。また、このネタはこの絵でなければならない、と確信してしまう、相変わらずの丸っこい描線がすごく魅力的なのです。女の子の可愛らしさは勿論のことながら、個人的には、それ以外の動物たちがすごく良い。猫がとくに、可愛くないんだけど可愛くて、好きです。
 
 量産できる内容ではないと思いますが、こういう作品をもっと読んでみたいと思いました。奇想、というか不思議な世界が好きなかた、吾妻ひでおの描く美少女がお好きなかた、他のどこでも読めないようなオリジナルな作品が読みたいかた、におすすめです。

|| 21:04 | comments (x) | trackback (x) | ||
「ブラック会社限界対策委員会」ヨシタケシンスケ(パルコ)
by くさてる

<amazon>

 働く人々の悩みに一こまマンガ的イラストで回答の内容です。実際のブラック会社はこんな呑気ではないと思うけど、会社勤めならば誰しも思い当る愚痴に対してうまい笑いで脱力させてくれる一冊。なにより、この描線が本当に独特で巧いと思います。

|| 10:42 | comments (x) | trackback (x) | ||
「もののけ草紙 参」高橋葉介 (ぶんか社コミックス)
by くさてる

<amazon>

 おなじみ「手の目」が活躍するシリーズ最新刊です。「若旦那」もちらっと登場するし、相変わらずの雰囲気たっぷりで何の文句もない。戦争の話が多くて、ちょっと切なかったな。相変わらず、原画がすごく見たい絵です。

|| 10:24 | comments (x) | trackback (x) | ||

CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2017 - 10  >>
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
    処理時間 0.233513秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット