COUNT
PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORYS
COMMENTS
SEARCH BOX

今年もお世話になりました。
by くさてる
 2014年が終わろうとしています。

 個人的に、今年の大きな出来事といえば、人生二回目の突発性難聴の出現で再度の入院を余儀なくされたことが思い出されます。聴力は回復したし、今回の難聴は音が原因でないものの、やっぱり自分は、ライブハウスでのライブに参加することは諦めなくてはいけないんだなあという気持ちを噛み締めました。10代から慣れ親しんできた楽しみから距離を置かなくてはいけないということ自体は寂しい話ですが、まあ、仕方が無いですね。本当に14帝國がバンドで無くて良かった。

 あと、それもあって、自分がブログやTwitterという媒体から何を発信したいのかなーということも考えるようになり、きちんとしたかたちで本の感想を残すことを心がけたくなったのも今年の変化かな。読書メーターでの記録に留めるだけでなく、もっと、心がうち震えるような作品に出会ったときには自分なりの長文の感想を綴っておきたいと思うようになりました。この数年、毎月の読書記録と式典の感想以外は放置状態が続いてしまったこのブログですが、そういう意味で仕切り直しです。まあ、今では、それよりもっとお手軽なやり方をする人の方が多いんでしょうが、わたしは、なんというか好きなものに関してはしつこくてねっとりしてるので、それを文章化しておきたいのですよ。そしてあとから読み返して、赤面したりにやにやしたりするのです。

 そんな感じで、ますます個人的な愉しみの発露にしかならないこのブログですが、それでもわたしの本の感想で、その本に興味をもって下さったり、14帝國の感想で、帝國を思い出して下さったりするかたがいらっしゃるとしたら、それはもう、とてもとても有難く、嬉しい話なのです。この文章を読んで下さったかた、みなさまに良い一年が訪れますように。来年もよろしくお願いいたします。

|| 18:10 | comments (x) | trackback (x) | ||
今年もお世話になりました。
by くさてる
 すっかり、読書メーターのまとめだけの更新になっております我がブログですが、Twitterでは、いつもなにかしら呟いておりますので、よろしくお願いします。Twitterでは呟き切れないお芝居やライブ、式典の感想はここで書くことを続けていくつもりです。

 今年を振り返ると、まずは春に突発性難聴で入院しました。地元のライブでの発症だったのですが、左右の耳での聞こえの違いに気づき、すぐに病院に行って良かったと思います。本当に、これは声を大にして、耳が怪しいと思ったら病院にすぐに行くようにとバンギャちゃんたちにはお伝えしたい。わたしは、幸い、聴覚は回復したのですが、未だに体調によっては耳鳴りがキツいです。正直言って、来年からぼちぼちリハビリとは思っていますけど…ライブハウスでの轟音のライブに行く勇気は、まだ生まれないです。あと、夏にも一回入院したので(これは予定していたもの)、健康と保険の大切さが身に沁みた一年でした。国民皆保険制度万歳。日本人でよかった。

 耳のことが合ったもので、ライブへの参加はほとんど取りやめになった一年でした。が、オレたち14帝國は本当に楽しかったです。定光寺中将が25kg痩せたことですし、来年からの式典も楽しみです。あと、宝塚の「銀河英雄伝説」も素晴らしかった。来年は、いよいよ「ベルサイユのバラ」を観に行きます。これも楽しみ!

 あと、去年から続けている地元の児童養護施設へのマンガや絵本の寄贈をちゃんと続けられたことも嬉しい。施設にも何度かお邪魔しましたが、役に立っているようでなんだか気持がほわんとしました。世界には悲しいニュースややりきれない事件が溢れていますが、そんななかでも自分にできることは僅かながらでもあると思えました。まずは身の回りにあること。自分のやれること。ていうか、それしか出来ないし(笑)。あ、自分もタイガーマスク的なことに興味があるけれど、どうしたら…というかた、もしいらしたらいつでも遠慮なく話しかけて下さい。一緒に考えましょう。

 来年の目標は、とりあえず、健康の維持と、仕事をより丁寧にやっていくこと、かな。それほど大きく変わることも無い年齢になりましたが、好きなこと、楽しいことを大事にやっていきたいです。

|| 17:18 | comments (x) | trackback (x) | ||
虎だ、虎になるのだ。
by くさてる
 …なり損ねちゃったんだけどね。

 一時のブームは落ち着いたようですが、今年最初の話題といえば、かの伊達直人ことタイガーマスク。ツイッターでも少し書きましたが、私はいまの仕事に就く前に、知的障がい児(軽度)の施設で一年ほど働いていたことがあり、この話題には関心を持っておりました。

 ていうかね、ぶっちゃけ、都条例の騒ぎの時に、どこかの施設にマンガを贈ることが出来ないかと思っていたのです。非実在でなく実在の子供に、マンガを愛する人間として何が出来るかとか色々考えていた時に思い出したのが、その施設に転がってた、回し読みされてぼろぼろの「なかよし」「ジャンプ」でした。そして、昨今のタイガーマスクの活躍に、むらむらとそのころの記憶が刺激されました。いろいろと厳しい状況にある子どもに、マンガを届けたいな、という気持ちになったわけです。

 でも、わたしが昔いた施設は、いまは経営母体が変わっていてちょっと縁遠い。なので、同じ地元の児童養護施設に、マンガか本を贈れないかと思いました。こう、流行に乗った感じでさりげなく。さすがに伊達直人と名乗る勇気はなかったので、同じ孤児院育ちとか、恵まれない幼少期とかの少女漫画主人公の名前はないかと友人と考えたりした。ええ、お調子者で申し訳ありません。わたしの一押しは「白木葉子」だったのですが(葉子お嬢様は少年鑑別所に慰問に行ってたよ!)さすがに分かりにくかな…と迷ったり。(たぶん迷うポイントそこじゃない)

 しかしなにより、今回のこの流れで、私が目をつけていた施設にも、すでにランドセルとかは贈られていました。以前、そういう施設にいたもので、こういう贈り物は、重なると置き場所に困ってしまうことがあるのも知っている。なので、まずは受けて頂けるかどうかを電話で問い合わせしようと思いました。そして、この段階にいたって、さすがのお調子者も、はたと立ち止ることとなりました。 なんせ、こんなことは初めての経験です。そういう意味で、とても勇気が必要でした。さすがに連日のこの騒ぎだし、施設側からしたら、うっとおしかったり単に迷惑かもしれない…と。やっぱり自分自身に「偽善者乙」的な気分も浮かんでくるしね。そうやって考えれば考えるほど、流行に乗っちゃえ的なノリは消え始めて、それでも、子供たちにマンガを届けたいな、というシンプルな気持ちだけが残り、とにかく、問い合わせてみるだけでも…と思いました。

 電話に出てくれた職員のかたに、なんと切り出そうかと迷った挙句「あの、最近のタイガーマスク的なあれなんですが」と云った瞬間に、相手の方が笑ってくれたので、わたしも笑い、一気に緊張がほぐれました。そこで、率直に、御迷惑でなければ、子どもたちに本とかマンガとか贈りたいのですが、とお願いしてみました。すると、もちろん寄贈で頂くこともあるし、それ用の予算があるものの、子どもたちが自分のお小遣いで買って回し読みしているマンガもあるし、本にしても読みたいものは学校の図書館でリクエストして長いこと順番を待ってる状態なので、喜んで…とお答え頂けました。 嬉しかったです。そこで、どういう作品をお贈りすればよいでしょうか、とお伺いしたところ、「もし、そんな寄付を頂けるのでしたら、せっかくですから子どもたちに希望を聞いて、それをお伝えしたいと思うのですが」とのお言葉。ええ、それはもちろんです、必要なものをあげたいしね!と思ったのもつかのま

「では子どもたちの意見をまとめてから、また連絡を差し上げたいので、そちらのお名前を」

 タ、タイガーマスク…。

 一瞬悩みましたよ?匿名にしようと思ってましたし。でも、「こちらからまた確認の電話を」っていうのも失礼な気がした。だって日常のお仕事を増やしてしまってるんだから。向うの事情に沿うのが当然だと思ったので、ちゃんと実名を名乗って、連絡先もお伝えしました。なので、わたしのこの行為は、この段階でタイガーマスク運動とは違う、単なる寄付行為になったわけですが、それはまあいいや(笑)。

 なによりも、自分も施設で働いてたから分かるけど、こういう時に、いらないものはすごくきっぱりいらないと断るものなので、自分の行為が迷惑な行為でなさそうなのに安心しました。すごく緊張したけど、ちゃんと問いあわせして良かったです。予算も聞かれたので、ちゃんと具体的に考えてくれたんだと思います。お仕事を増やしてしまったのにも関わらず、職員のかたには、本当に親切に対応していただけました。

 そして、こどもたちがどういうマンガをリクエストしてくるかを楽しみに待っていたところ、翌日には施設のかたから連絡を頂きました。早速、子どもたちと職員の皆さんで考えてくれたそうです。 ちなみに施設にいるのは、60人越えの子供たち。定員いっぱいなんだなあ…。そしてそんなにたくさんの子供たちがいるのなら、マンガのコミックスなんて、きっとすぐカバーも無くなっちゃってボロボロになるだろうから、消耗品です、きっと。だから、無駄にならないと思いました。

 こどもたちのリクエストの中には巻数が多い作品もありました(「ワンピース」とかね)。それをふまえて、一度に全部を送るのではなく、少しずつ、一カ月に一回、リクエストにあった作品を中心にマンガと児童書のプレゼントを贈ることに決めました。ワンピースは現在約60巻ですから、一回につき5巻ずつ贈れば、全巻そろうのに、ちょうど一年かかります。これを一年続けることが出来たら、なにか自分のなかでも見つかることがありそうな、そんな気持ちがしたのです。巻数が多くて大変なら、ブックオフとかで揃えればいいと思われるかもしれませんが、贈り物なので、全部新刊で購入したいと思いました。ささやかながら、地域の本屋さんにも、作家さんにも役に立つことになるから。なに、ライブで県外遠征に行ったと思えばお釣りがくるし…(笑え…ない…)。

 宅配便で届ける予定にしたのですが(手渡しだと、出迎えとかそういうことで施設のかたに時間を使わせるから)そこで職員の人に云われたのが「ぜひ、贈る時は名前と住所を添えてください」ということ。タイガーマスク現象のおかげで、匿名のかたの善意が届くのだけど、匿名だと、こどもたちのお礼の言葉の行き場所が無いそうです。なおかつ、わたしは同じ地域の人間なので、そういう存在のひとが、施設の子を気にかけてくれているということがなおさら有難い…と言って頂けました。

 あとは本屋さんに行って、本を購入し(すごく悩んであれこれ考えましたが、とても楽しかったです)、そこで綺麗にラッピングしてもらい(どう考えてもわたしがラッピングするよりプレゼントらしくなると思ったから…)、その場で発送の手続きを取りました。その後、無事に届いたとのことで、子供たちからのお礼の手紙も頂きました。すごく嬉しかったけれど、毎回、これだと大変だろうなあと思います。わたしとしては、お礼も忘れて読みふけってくれるくらいでいいんだけど、教育的な配慮もあるでしょうね。施設の先生には、毎月贈らせて頂きたいというこちらの意向をお伝えして、了解を頂いています。ただ、場所を取るものでもありますから、ご迷惑になればその段階で取りやめる気持ちでもいます。なによりもまず、施設のかたのご意向を第一にと思っています。

 …このことを今回ブログに書くのは、正直、ためらいがありました。なんていうか、自分の中で、偉そうにひけらかしているように思われたら嫌だなという思いがとてもあります。今でも迷ってます。自己満足、お調子者と思われるんじゃないかという怖さがあります。確かにお調子者なのですが。
 しかし、もし、わたしと同じように、実在の子どもになにか援助を行いたい、それもマンガや本を贈りたいと思う人がもしいたら、こんな風に出来るんですよ、ということを知ってもらいたいと思いました。わたし自身がすごく身構えてて、大変なことだと思って躊躇していたので。でも、きっと、想像してるよりもずっと簡単なことです。
 たとえば今だと「ひなまつりに合わせてこどもにマンガの本をプレゼントしたいのですが、ご迷惑ではないですか?」という感じで、自分が贈りたいなと思う施設を探して(地域名+児童養護施設でググれば、施設を見つける事は容易です)、問い合わせされたら、ちゃんとお返事は頂けると思います。本を贈ること自体は、本屋さんから直接宅急便で送れば、手間もかかりません。もし、同じようなことをしてみたいけれど、疑問に思う事があって…というかたがいらしたら、ぜひメールをください。わたしが分かることであれば、お答えしたいと思います。わたしも情報交換したいです。

 今回、こういうことを始めて、色々と自分なりに養護施設についても調べてみて、考えることも多くなりました。わたしがやっていることがベストだとも思わないし、もっと違う援助のほうが切実に求められている場所もあるかと思います。けれど、わたしはやっぱりこどもには笑っててほしいし、楽しいと思ってほしいし、どんな時でもそばにいてくれるマンガや本を、贈りたいと思いました。わたしは施設で過ごした経験はありませんが、わたしが子どもで、生きるのがつらかったとき、わたしを慰め、助けてくれた存在が、本やマンガ、アニメだったから。そのとき、わたしにマンガを与えてくれたのが誰であれ、わたしはそのひとに感謝したい。そして、わたしはどうにか大人になりましたから、今度はわたしの番です。結局、それだけのことなのかもしれませんが、でも、実際にやってみると、とても楽しいことです。こういうことをさせてもらえて、とても有難いと思いました。やろうと思いつつ、ためらっているかたがいらしたら、ぜひ、ご一緒に。

|| 18:13 | comments (x) | trackback (x) | ||
津山珍道中。
by くさてる
 さて、翌日は、みな11時に起きだすという健康的な睡眠時間でありました。岡山市内から津山市内となると、高速道路を使っても大差なく1時間はかかるということで、二台に分かれてすぐ出発することに。最初の目的は、津山市は久米の里(公式サイト)という道の駅にいらっしゃる7メートルのZガンダムです。稲葉浩志メモリアルロード参りのついで(笑)とはいえ、わたしはオトモダチにこれが見せたかったので、とても嬉しい。以前にもブログで紹介させて頂いたことがありますが、津山在住の一人の男性が、設計図から自分で起こし、7年間かけて作り上げた7メートルのZガンダムです。お台場のガンダムもそりゃすごかったでしょうけど、わたしは、この「一人で作り上げた」「あくまで趣味で」という部分にたまらなくロマンを感じて、大好きです。心が弱ったら逢いに行きます。なので、これで三、四回目となります(…)。しかし何度見ても、ときめくのだ。お天気も良く、まぶしいほどの陽光に照らされたZは、相変わらず美しく、立派に我々を見下ろしていました。

 ここはいわゆる道の駅でもあるので、津山のお土産が並んでいます。そして、700円という値段がついた椎茸の原木を前に、動かなくなってしまったMINTOSちゃん。しかしご主人には「椎茸以外にも、そこから生えてきたなんだか分からない茸を食べさせられそうだから」というMINTOSちゃんの人となりを知るものとしてはうなずくしかない理由で購入を禁止されてしまいました。それでも、ご主人が席を外した瞬間に「こっそり買って車に乗せちゃえばわかんないよね」と丸太を抱えようとするMINTOSちゃん。立ち上がったその瞬間に、ご主人が戻ってきたのは、さすが夫婦の絆という他は無いでしょう。あと三分遅かったら車に積まれていたことは間違いなし。

 お昼ごはんを食べて、Zガンダムを参ったあとは(いや本当にあの前に賽銭箱置けばみんなお金入れると思うよ)、いよいよ稲葉浩志メモリアルロードです。まずは最初の目的地として、稲葉氏の実家である「イナバ化粧品店」に向かうこととなりました。ファンにとっての聖地巡礼というわけで、この段階ですでに何かがみちみちと盛り上がっているMINTOSちゃんは「わたし、お店に行ってもお母さんの顔とか見れない…」「ふらっと寄った一般人のふりすると思う…」とつぶやきます。いや、岡崎ナンバーの車はふらっと津山に寄らないよ?
 そんな感じでふわふわしているMINTOSちゃんに、彼女のツボを押すのが巧みなKんちゃんがどんどん追い討ちをかけます。なんかたくさん言ってたうえに、いちいち爆笑してたので細かいことは覚えてないのですが、一番笑ったのはこれ。「小学校のときの習字とか飾ってるかもしれないですよ。愛のままに我儘に僕は君だけを傷つけない3年6組稲葉浩志」「なげーよ!」

 事前に調べていたのは、お店の住所だけです。小さなお店らしいし、行っても分かるかなあとか言ってたところ、正面のガラスに大判のB'Zのポスターが貼っており、なおかつ駐車場が稲葉氏のイラスト入りだったので、その段階で大受けしながら店内に入りました。すると、商店街によくあるような資生堂のアンテナショップと変わらない店構えなのですが、店の奥には稲葉氏の幼いころからのアルバム、ご家族との写真、記念品などなどがずらり。そして驚いたことに商品にも稲葉氏のプリシールや写真が封入されているのです。たいへん、MINTOSちゃんが限度額まで買い物しちゃうわ!稲葉氏のご母堂も(イナママと呼ばれてるらしい)もちろんいらっしゃって、次から次へと訪れるお客様ににこやかに対応されておりました。それが横で聞いてるだけでもときめくほどのファンあしらいの巧さ。バンドマンのお母様ってこういうタイプの方が多いのかしら。なんていうか、ファンが聞きたいことをさらっとおっしゃるのですよ。これを聞いていると、B'Zは大ファンというわけでもないレベルのわたしでもなんだかお買い物したくなる感じがしました。しかしいま思い出したけれど、大昔にライブに行っている。「太陽のKomachi Angel」のあたり。何年前だ…。
 そんなわけで、ファンの間で聖地と称されても不思議でない、とても良い雰囲気のお店なのです。稲葉氏のアルバムも拝見しましたが、感想はひとこと。「イケメンは小学生からイケメンです」。体育会系の部活をやって、大学進学もこなすくらい頭も良くて、歌も歌えて、イケメン。好みは分かれるでしょうが、才能に恵まれたひとであるのは間違いないでしょう。きっと神様は、本来は満遍なくぱらぱらとまかなくてはならない才能の種を、ときどき、きまぐれに一箇所にぼたっと落としてしまうことがあるのです。MINTOSちゃんはお店で写真撮影もさせていただいた上に、イナママに握手までされて号泣です。良かった良かった。

 続いて、稲葉氏の兄上ゆかりだという和菓子屋「くらや」へ。到着してみると、いかにも老舗の店構えに、茶房まである大きなお店だったもので、「そうか、お兄さん、ここで営業担当でもしてるのかな」と思ってたのですが、あとで知ったところでは経営者さまなのですね。失礼しました。ここは、イナママのお店と違って、B'Z饅頭があるわけでも、ウルトラソウルなクッキーを売ってるわけでもなく、B'Z色は皆無といってもよかったのですが、MINTOSちゃんは、楽しげにお菓子を買い込んでいました。お付の我々も苺わっふるなどを物色していたところ、そこに一枚のチラシが。

稲葉浩志メモリアルロード

 なんと、それによると稲葉氏ゆかりの三つの場所(イナバ化粧品、くらや、津山観光センター)のスタンプを集めて回ると、抽選でお買い物券が当たるというもの。なーんだ、津山の商品券もらってもねえ…と言いかけたところでMINTOSちゃんの目が光りました。ええ、スタンプを貰うためにイナバ化粧品店を再来ルート決定です。しかしわたしも十分に身に覚えがあるので分かるのですが、ああいうときって理性じゃないのね。動かずにはいられんのよね。女の我儘に付き従うのには必要以上に慣れている男性軍の優しい目をした承諾により、まずは津山観光センターのあと、イナバ化粧品店に戻ることになりました。このチラシ、化粧品店にも置いてあればいいのに(笑)。津山観光センターでは津山名誉市民になられたときの稲葉氏の写真も見られたので良かったのではないでしょうか。つづいて、イナバ化粧品店にてイナママからスタンプを頂いたことろで、すでに時間は夕刻に。高速に乗って帰る皆様とは、ここでお開きとなりました。

 なんか忙しかったような気もしますが、旅慣れてはいても、こんなに観光らしいことをすることはあまりないわたしと真夜には面白かったはずです。MINTOSちゃんは言うに及ばず(笑)。わたしの夫はMINTOSちゃんの夫のことを「良く出来たひとだねえ」と感想を漏らしていましたが、おそらく、向こうにも言われていることでしょう。Zガンダムも見せられたことだし、とても楽しかったです。B'Z岡山凱旋ライヴないしはグルグル映画館ワンマンツアーIN岡山の際には、あるいはなにもなくともぜひまた我が家にお立ち寄りいただければ幸いです。ありがとうございました!



|| 23:10 | comments (x) | trackback (x) | ||
かみさまありがとう。
by くさてる
ぼくにともだちをくれて。

 まあ、ああみえてアライグマはとても危険な動物で、なかなか素人が気軽に飼うようなものじゃないらしいですが、それはさておき。

 結婚祝い&新居訪問ということで、愛知県から、真夜さんと真夜さんのダー(略)であるKんちゃん、MINTOSちゃんとその夫、Jさんが我が家にやって参りました。予定よりもずっと早く到着したご一行ですが、時間つぶしとして近所で買い物ののち、戻ろうとしたところ、一度たどりついたはずの我が家への道を見失い、さらに迷ってしまったあたりが、MINTOSちゃんならではの味。驚きません。

 到着した皆からはお祝いの品を頂いて恐縮しきり。MINTOS夫妻、緑色のファンヒーター有難うございました。Kんちゃん、美味しそうな干し芋有難うございました。真夜さん、「アカイイト」と「アオイシロ」をありがとうございました。あと「らく(略」)と「あやか(略)」も。それぞれ、じっくり楽しませていただこうと思います。
 
 せっかく岡山まで来てくれたということで、うちの近所の、わたしもまだ行ったことのない骨付き鳥のお店に行こう!と、前もってお店のURLまで渡して楽しみにしていたのですが、真夜があんなにお店に来るのを楽しみにしていたのがいけなかったのでしょうか。来られる数日前に、突然の閉店。なんだろうこの真夜の魔力。しかしそこは、他のお気に入りのもつ鍋の店に変更して事なきを得ました。ここはもつが食べられないわたしでもとんこつ味のスープが美味しくてご贔屓のお店です。具材も追加して、チャンポン麺をしめにしました。

 あとは、再び我が家に戻り、わたし一押しのハッスルでの 和泉元彌(保存版)、真夜一押しのアメトーークの相方を好きすぎる芸人特集などの映像を見ることに。もちろん呑んでいます。そしてそのまま、ケータイオオギリを見ながら、ライヒスリッターのシークレットリッターの発表を待ちました。Twitterで、Tamakimaruさんも同じことをしていたと知り、ちょっと笑う。けれども、発表を見たら、笑うどころでなく、あがっちさんに、悲鳴。吾妻 太一 中佐ですって(喜)。そして隣では、真夜さんが、虎十郎さまに動揺のあまり「ここここ」と鳴いている。くそう、こんなところでまで、わたしたちふたりのツボをそれぞれ押すとは憎いやつだぜ、元帥(妄想です)。しかしあがっちさんが出るのなら、ぜひ!オンブラッタはダンスでお願いしたいもの。スキャットマンなんか、もういっそレトロでいいんじゃないか。あ、終了後のイベントですが、なんだか関東のほうから、ため息が聞こえた気がします。わたしは、式典だけで、きっともうおなかいっぱいだし、なにより帰れません。

 そして明日の予定の話になると、MINTOSさんが真顔になって言う。「あのね、岡山に来たからには、わたしは行かなくてはいけないところがあるの」。そう、MINTOSさんは長年のB’Zのファン。稲葉浩志君のメモリアルロードマップですね、わかります。しかし津山まで行くなら、わたしの岡山における最大おすすめスポット、7メートルのZガンダムも見ればいいじゃないですか!そんな風に、翌日の予定もさっくり決まり、夜もふけていくのでした。以下次号。


|| 23:30 | comments (x) | trackback (x) | ||

CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2017 - 05  >>
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
    処理時間 0.194759秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット