COUNT
PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORYS
COMMENTS
SEARCH BOX

わたしにできること、あなたにできること。
by くさてる
 今ごろ、になりました。でも、自分の中でまとまったかたちにたどりつくのに時間が必要だったのです。

 ネット上では、大きな話題となっていましたので、すでにご存じの方も多いと思います。わたしのブログでも何度も取り上げていました、マンガ・アニメ・ゲームの規制を目的とした東京都の青少年健全育成条例案の改正案が、可決となりました。今回の改正案は、6月に否決されたものを手直ししたうえ(さらに内容的には問題が多くなったと指摘されています)、都による根回しなどの運動の結果、都議会の多数派である民主党の賛成を得て、可決という流れになりました。その流れに少しでも抗いたいと思い、わたし個人も出来ることをしてみたつもりですが、たいへん残念な結果となりました。

 ここで考えなくてはいけないのは、前回は否決されたものがなぜ今回は可決となったのか、ということだと私は思います。それに関しては、様々な要因があると思いますが、個人的には、BL作家の水戸泉さんのTwitterでの発言「6月は否決できたのに、ほぼ同じ内容の条例をなぜ12月は否決できなかったか。理由は簡単。『漫画好きの人々はネット上では意気軒昂だけど、現実社会には出てこない。票にならない』と思われた。だから切り捨てられた。これに悔しさを感じた人は、ちゃんと名を名乗り、政治家と直接向き合って下さい。」が、いちばん正しいのではないかと感じています。

あ と、本当に、時間が欲しかった…。ぎりぎりで、コミック10社会による東京アニメフェアボイコットや他の多くの団体からの抗議声明があり、その流れをふまえての菅首相のブログでの発言という追い風もありました。そこには、6月のとき以上の、ネットを出発点にしながらも現実の世界に働きかけようという盛り上がりがあったと思います。これが三週間でなく、三ヶ月であったならば。それが悔しくてなりません。

 けれど、とわたしは思います。今回、とくにTwitterでの規制反対の流れを見ていて思ったのですが、それでも、みな、自分のできることをやるしかない、と。それもできれば、現実社会に働きかける方向で。もちろん、ネットのなかには多くの有益な活動があり、そのなかで得た情報により、現実社会で行動することが出来たというひとは多いと思います。なにより、ネットもまた現実です。けれど、わたしは、ネットのなかだけで発言することでなにかを変えられる、ひとの心を動かせるような力の持ち主ではありません。自分の意見をブログやTwitterで表明することは出来ますが、それがこの条例に対して力を持つとはまったく思わない。むしろそれをすることにより、なにかを「やった」気分になって終わるかもしれない。ネットで文章をつづることで、自分の思考を整理することは大事ですが。しかしだからこそ、ネット上での活動を続けながら、より、現実社会にコミットするやりかたで、このわたしになにが出来るかということを考えていきたいと思っています。なによりも、関心を持ち続けること。

 わたしは、どうやったら、規制派に自分の言葉が届くかを考えます。もしくは、規制派は無理でも、規制とかそういうことを考えてもない、まあ、こどものためになるならいいんじゃないのくらいの考えの人に、それ、ヤバいんじゃない?くらいの認識を持ってもらうためにはどうしたらいいのかを考えます。個人的には、そのために、単純に規制派の考え方をあげつらったり批判したりしても、意味ないと思っているのです。だって、向こうは理屈じゃないんだから。理屈でやってることならば、仮にもジャーナリストと名乗っている猪瀬直樹氏の一連の発言とか、あり得ないじゃないですか。もうちょっと取り繕いますよ。論破する行為自体に意味がないというのではなく、論破しても相手にダメージは与えられないんじゃないかな、と思うのです。その場合、それに意味があるのは、中間層の迷ってるひとに「なるほど」と思ってもらえるようなかたちにすることじゃないかなと思うのです。分かりやすく、出来れば、ユーモアも絡めて。

 猪瀬副都知事をはじめとする、一連の規制賛成派の発言で、いたいほど感じたのが、マンガやアニメというものが、いかに少数派のものであり、「なくってもなくってもいいもの」くらいに思われているかということ。ぶっちゃけ、オレら、ナメられてるんすよ。票にならない、発言力もない、なにより、目の前にいる人間として認められるほどの存在と思われていない。だからこそ、わたしは、議員さんに手紙を書くときは、自分がどういう人間か、それを読む人にイメージしてもらえるように努力しました。人間である、と。あなた方と変わりない存在の人間が、アニメやマンガを楽しんで、それを守りたいと心から望んでいるのです、と伝えたいと思いました。そして、わたしのような無名の人間に持てる武器は、それしかないと思うのです。ネットの海にいると思われる幽霊のような存在でなく、生きた人間であるということ。そしてそういう存在が、この条例案に不安を覚えているのです、と。

 しかしわたしは、今回の条例案に懸念を示す人々が、この日本にたくさんいること、それぞれの人々がそれぞれの立場で、なんとか取り組めることはないかと努力しているのを感じました。有益な情報を探し出し、人々の目に触れることができるかたちにするひと、議員さんに手紙を書いたり、陳情書を書くひと、行動のためのHOWTOを編み出すひと、扇情的な言葉に惑わされないよう、懸命にデマの火消しにまわるひと、そういう「自分にも何かできないか」というたくさんの人々の具体的な行動を知ることが出来て、良かったと思います。ネットでの活動が無力なわけではありません。現実世界での行動をサポートしてくれる有益なツールです。なにより大きいのは、一種の連帯感だったと思います。が、それが厭なひともいるかと思うし、なにより、行動しない人が後ろめたさを感じるような傾向はわたしも厭です。それぞれがそれぞれの考えで、あえての沈黙を守っているひとだっているはず。その考えも尊重したいです。みんなが同じ考えをしなければいけない、という決めつけこそ、マンガやアニメを愛する人間を傷つけてきた考えと同じ根から伸びる、毒の果実ではないでしょうか。

 あと、個人的に大事だと思っているのは、規制賛成派のなかに、かならず存在するであろう、実際に性被害を受けた経験を持つ人々の存在を思いやることです。ご自身の辛い体験から、その手のものをすべて排除したい、それを楽しむ人間がいるなんて信じられない、というある意味当たり前の希望や考えを、頭から否定するようなことはしたくない。とてもデリケートな話だと思うし、すべてが個人的な問題になると思うので、うかつなことはいえませんが、ただ、そのファンタジーは、あなたをも救う可能性があるのですよ、と言い切る勇気は、いまのところまだわたしにはありません。実際の条例案がどうという問題点とは話がずれているかもしれませんが、リアルの性被害を嫌悪する気持ちは同じなのです。なにかそこで共有できる気持ちがあれば、と思います。

 都条例にまつわる一連の出来事や発言で、様々なことを学んだし、考えることが出来たと思います。これから動きがあるとすれば、コミック10社会などをはじめとする出版社やアニメ制作会社の対応、来年3月の東京都知事選挙および東京都議会議員補欠選挙などがきっかけになると思いますが、わたしはわたしなりに、自分の出来ることをやっていきます。なにもかも、これからだよ。

|| 21:57 | comments (x) | trackback (x) | ||
東京都青少年健全育成条例の改正案が提出されます
by くさてる
 またこのエントリーを書く日が来るのが、本当に嫌でした。が、事実として、それがいま行われようとしているわけです。以前より、このブログでも何度か取り上げてきた、東京都による青少年健全育成条例の改正案についてですが、このたび、再び、都議会の方に改正案」が提出されました。今回の改正案についての問題点は、山口貴士先生のブログ(URL)、およびてんたまさんのページ(URL)がたいへん分かりやすく、かつ現状を認識できるものとなっておりますので、ぜひそちらをご覧ください。

 さて、この問題に関して、自分は何が出来るのかをわたしは考えました。前回の時は、それでも数カ月の余裕があった。今回は、いくら予想されていた再提出とはいえ、いきなりの感が否めません。正直、スルーしようかと思いました。いや、ちょっと忙しくて…とか、迷ってるうちに議会が終わってました、とか云えばいいかなという思いが頭をかすめました。だってね、これは正直、わたしのようなタイプの人間にはすごく辛い問題なのです。ネットの世界にいると錯覚しやすいことですが、実はオタクは世の中で言えば少数派。ましてや、マンガをはじめとする創作の価値を大事にしなければという思いを行動に移すひとは、もっと少ないはず。その心細さと行動したにも関わらず負けてしまうことへの哀しさとやるさなさを想像すれば、くじけるほうが楽に思えました。だって、そっちのほうが多数派だから。あーバカなこと考えるひとたちもいるね、でもなにかしろといわれてもね…とためらっているうちに時間は流れることでしょう。わたしよりかしこい、わたしより偉い人々がどうにかしてくれることと片付けることも可能だったでしょう。しかし、わたしは、ここで何らかの行動をとる方を選びました。といってもあまりにも時間がありません。わたしに出来たのは、悩みつつも、何人かの議員のかたに手紙を書くことにすぎませんでした。あまりにもささやかなことと流されるかもしれません。が、それをしながら思ったのです。この言葉が届くひとがもしいるならば。

 本当に、行動できる可能性を持ちながら、それでも迷ってるひとがいるとするなら、やっぱり、やったほうがいいですよ、と思いました。確かに時間が無いけど、意味が無いことと片付けられるかもしれないけれど、なにより、自分の為にやればいいんじゃないんでしょうか。わたしは自分に言ったのです。腹が立つよね、と。自分の愛するものが差別され厭われ削除されてしまうかもしれないこと。自分を救ったものが、他人をも救うかもしれない、その可能性が摘み取られること。それを回避することに、何万分の一でも自分の力が役に立つのなら、それを使わなかったことを、あとで絶対に後悔すると思ったから。
 
 ただ誤解は避けたいのですが、わたしは、この一連の騒動に対して、何らかの思いを抱きつつも、結果として傍観を余儀なくされているひとを非難するつもりはまったくありません。だって、気持ちは分かるもの。なにより、一つの物事にどう対処するかの判断は、その個人の自由な考えと行動に基づくべきで、それによってなされたことを、他人が「こうでなくてはいけない」と指図するなんて、有り得ないと思います。これはあくまで、わたしという個人がどう考えたかという記録を記しているものにすぎないので、念の為。

 わたしは、創作の持つ力が、ひとりでも多くの人の心を救い、人と人の絆を広げることが出来る環境を望みます。多様な価値観が多様な可能性を生み、生きていくことが出来る世界が続いていくことを望みます。わたしは、かつて物語に救われたこどもでした。そのこどもの感じていた痛みは、いまもまだわたしの中に存在し、そのこどもが与えられた救いもまた、わたしのなかにあるのです。どうぞ、ひとりでも多くのこどもが、そのこどもが必要とする物語と出会えますように。もし、こんなわたしにも大人としての力が有るとするならば、わたしはその力を、このシンプルな願いがかなえられることに、注ぎたいと思います。

|| 22:58 | comments (x) | trackback (x) | ||
東京都の青少年健全育成条例について(5)
by くさてる
 ずっと、このブログでも取り上げていました、東京都による青少年健全育成条例改正案問題ですが、本日、都議会の本会議で否決されました(URL)。ほっと胸をなでおろしたいところながら、これがわずか3票差であったことには冷や汗を禁じ得ません。9月にも再提出という都側の意向が事実となったときには、また、新たな展開があることでしょう。

 正直、わたしはこれをずっと勝てない戦いである、あるいは、戦いにさえなりえないものであると思っていました。なぜなら、これは論理による運動ではないからです。賛成派の意見を読むたびに、それを感じました。まず最初の出発点が「性的な描写」に対する生理的な嫌悪感なのです。それを目にしたときに起こる瞬間的な「こんなおぞましいもの」「悪いもの」という嫌悪感が、そのまま「これは有害なものである」という判断につながれば、そこに調査やデータや論理などの入り込む余地はありません。だからこそ、賛成派は、こんなにも反対の声があがったときに、「誤解だ」と、むしろ心外である、というような反応をしたのだと思います。客観的な調査だのデータだの、なにいってるんだ、見ればわかるじゃないか?と云いたかったに違いありません。これキモくね?と。

 そう、あえて表現も言葉も悪く語りますが、わたしたちオタクは、ぶっちゃけ、キモいのですよ。紙に描かれたインクの線の人間を愛し、かれらの運命に一喜一憂し、さらには欲情までもするわけです。その感覚を理解できない人には、これは、一生、理解できないことです。しかし、だからこそ、表現と創作を愛するひとびとは懸命に行動しました。そしてなんとか今回の結果にこぎつけることができました。非実在の存在を大切に思う気持ちが、実在の人間の行動をうながした。わたしは、それを思うと、心が揺れます。実在のこどもたちの為のより現実的な救済方法を見つけてください、との声が、多くの規制反対派の人々から聞かれました。そう、創作物への規制への懸念と同時に、その思いも少なからずあったと思えることが、誇りです。非実在の存在を愛する我々が、同時に、実在のこどもを尊重することも出来ます、という当たり前のことが確認できて良かった。

 まだまだ多くの課題、多くの問題が山積みです。この問題に対して、なにが正しくて間違っていて、どう行動するのがふさわしいといえるのかは、いまもってわたしも分かりません。ただ、自分で判断して行動して、その結果を引きうけていくしかないと思いました。今後もそうしていくのだと思います。ライブと本の感想と日常のゆかいなくさてるさん的なおしゃべりが主体のこのブログで、何度もこの問題を取り上げたことで、違和感を感じられたかたもいらっしゃるかもしれません。けれど、こんなささやかなブログの記事でも、誰かのこの問題に関する考えの参考になったのなら、とても嬉しく思います。

|| 22:19 | comments (x) | trackback (x) | ||
「非実在青少年<規制反対>読本」(サイゾー)「非実在青少年読本」(徳間書店)
by くさてる
 東京都の青少年健全育成条例改正案、いわゆる「非実在青少年」問題の関連書籍です。わたしは二冊とも予約して地元書店で購入しましたが「予約して頂かないと入荷しない可能性が高いですね」とにっこりと云われてしまいましたよ。そうして入手した二冊の感想を述べていこうと思います。

非実在青少年読本」(徳間書店)

 こちらはコミック雑誌「リュウ」編集部による一冊。詳細はこちら。改正条例案の原文と問題点の指摘、インタビューや座談会、コミックルポとコンパクトななかにもぎっしりと詰まったものになっています。ちばてつや先生の「-と、ぼくは思います!!」が再録されているのが嬉しい。吾妻ひでお×山本直樹×とり・みきという三人による対談記事はもっと長いのが読みたいくらい。しかしなんといっても圧倒なのは、回答者100人越えのアンケート。並んでいる名前もすごいですが、ひとりひとりがこの問題に関してご自分の言葉で意見を述べているのが伝わってきます。ほとんどすべてのかたが「反対」であるのはいうまでもないのですが、そのどれもが、単純な一般論でなく、創作というものへの自身の見解を述べることに繋がっているのが、とても良かったと思います。細かい字でみっちりしていますが、ひとつひとつを大切に読みました。

非実在青少年<規制反対>読本」(サイゾー)<amazon>

 こちらはサイゾー&表現の自由を考える会によるもの。徳間書店の方が、まず問題の基本的な部分を知る為の本であるなら、これはそれを前提に、さらに自由な意見と条例に関する反対意見が述べられているもの、という印象です。どのコラムも読みごたえがありますが(オタクに論理で戦いを挑んだらこうなるよ、という素敵な見本がいっぱいあります)、わたしとしては特に、BL作家である水戸泉さんが、実際に陳情に向かった経験を書いた「陳情なう!」がとても良かった。「誰かやってくれたらいいのに」じゃなく、「できることは自分でやる」という、その姿勢は大事だと思う。

 この二冊を読んで、様々な立場の人が、それぞれの思いを抱えて、それでも真剣にこの問題について考えていることが伝わってきました。この問題に関して、実際に動くことはしないという選択肢を選ぶ人もいるかもしれない。でも、ただ、考えることはしてほしいと思います。この条例改正案を通そうとしているひとたちが、性被害を受けるこどもたちの福祉について、真剣に考察した結果がこれであるとは、わたしにはとうてい思えない。むしろ、この条例改正案に反対する人々の言葉からこそ、こどもたちの幸福と自由を願う気持ちが伝わってくるのです。それは、おそらく、クリエイターと呼ばれる人々の多くが、自分の中に、マンガやアニメをはじめとする優れた創作によって救われたこどもの存在を感じるからではないかと思います。わたしもまた、それが奪われることを見過ごすことが、どうしても、出来ない。想像の世界以外、他にはなにも喜べることは無い、という状態があり得ることをわたしは知っているから。そして、そこで慰められる時期があったからこそ、現実世界に足を踏み出す勇気が持てる、そんな事実もまた、知っているから。
 
 偶然でしたが、ちょうどこれらの本と併読して読んでいたのが、天文学者であるカール・セーガンの著書「悪霊にさいなまれる世界〉―「知の闇を照らす灯」としての科学(上・下)」 <amazon>でした。これは、学者であるセーガンが、誠実に、いわゆる「ニセ科学」についての警鐘を鳴らしている本です。これは、本当に、わたしの印象でしかないのだけど、セーガンが、科学者として冷静に、どんなに受け入れてもらえずとも、まっとうな科学の成果をもとに、人々を惑わせるニセ科学を糾弾する姿勢が、現在のこの問題に、とても重なってみえました。わたしは、思い込みや偏見、あるいは自らの希望からのあいまいな概念によってではなく、検証された調査による事実をもって行動することにより、こどもは守られなくてはならないと思います。

 「東京都青少年の健全な育成に関する条例改正案に反対する請願署名」、まだ続いています。詳細はこちら

|| 23:23 | comments (x) | trackback (x) | ||
東京都の青少年健全育成条例について(4)
by くさてる
これまでにも取り上げさせていただきました(一回目)(二回目)、(三回目)東京都青少年の健全な育成に関する条例改正案の問題(いわゆる非実在青少年問題)に関しまして、都議会での6月からの継続審議を前に、新たな動きがいくつかありますので、ご紹介したいと思います。

 まずは、この問題に関して精力的に活動されている、明治大学准教授の藤本由香里先生と弁護士の山口貴士先生が代表となり、今回の改正に反対する署名運動が始まりました。詳細はこちら(URL)、署名用紙そのもののDLはこちら(URL)です。

 また、関連書籍が5月末に発売されます。「非実在青少年◆読本」COMIC リュウ編集部編 (徳間書店)<amazon> と「非実在青少年〈規制反対〉読本」サイゾー&表現の自由を考える会 (サイゾー)<amazon> です。どちらの書籍も、錚々たる執筆陣が今回の問題について意見を述べられている、読み応えのある本になっていることが予想できます。

 わたしはずっと考えていました。前回、東京副都知事の猪瀬直樹氏の言動を目にして、本来は公正中立な立場を保つ、或いは多種多様な角度からの客観的な情報を冷静に分析した上で判断を下すべき職業であるジャーナリストのかれが、ここまで盲目の状態になっていることを知りました。そこから、今回の問題は決して理論で考えられていることでなく、むしろもっと生理的な、判断力以前の「常識」として人間が捉えている部分での扱いになることを予想しました。正直、それでは勝ち目はないと思いました。副都知事の蒙昧を指摘したところで、かれや、かれの背後にいるたくさんの「常識ある人々」の信念は揺らぐことはないのです。なら、どうすればいいのか。議員に手紙を書くことはできますし、何通もすでに書きました。けれど、都議会の選挙権を持たない人間の声は、やはりその価値を何割も引かれたものになるでしょう。なにより、改正案推進派の議員は、そもそもそんな声を聞きたくはないのです。わたしが、今回の条例改正案を肯定する文章を読む時に感じるあの苛立たしさを、かれらもまた感じるわけなのだから。ですが、わたしは、今回の署名運動と書籍の発行は、東京都民でない人間にとっても、今回の改正案に「否」という意思表示をする、できる限りの手段のひとつであると思います。

 たとえば、議員への手紙では、そうそう他人に協力を頼むことはできませんが、署名であればなんとか…というひともいるでしょう。自分なりの意見を伝えれば、賛同してもらえる友人家族は自分以外にも何人か見つかる可能性があります。それが束となり、数となること。それがたった一人の署名であったとしても、それは数です。なにより重要なのは、署名という手段は、年配の議員にはなじみが薄く(むしろ反発すら生みそうな)メールの数やツイッタ-での広がりという手段以外で、かれらに、この問題の大きさを伝えるものになると思うのです。かれらの理解できるやりかたで、かれらに届く言葉で、自分の意見を伝えることが大事なのだとわたしは思います。

 もちろん、署名というやりかたが苦手な人もいるでしょう。自分の名前を記すというかたちで自分の意見に責任を持つという体験を、自分の中でどうとらえるかはひとそれぞれだと思いますし、みなが一律に署名するのが当たり前、とか署名しないひとはどうこう、なんていうつもりはまったくありません。そういう偏狭さは、わたしがもっとも嫌悪するものです、念のため。

 あと、書籍について。詳細情報を見ていただくために、amazonにリンクはしましたが、できればこれを購入したいひとは、ネットでなく、リアルの本屋さんで購入してほしいと思います。店頭に見当たらなければ、店員さんに尋ねて、注文してほしいです。個人が購入するのは、たかだか一冊二冊のことかもしれないけれど、それが相次げば、大きな注文につながる可能性はあると思います。あまりにも世間に正しく認識されていないこの問題が、まずは存在しているのだということを、そういう自然な形で、世の中に知らせること。草の根の活動ですが、それもまた意味あることだとわたしは思います。そんなことを考えていると、ふと、この曲が浮かびました。

 「何故来たか不思議でしょ?/勝てるわけもないのに/僕等の哀しさはあなたがたにわからない/僕達弱いんだな/弱いから来たのだな/犬死と笑うんだね/誇り高き人間の証明
(筋肉少女帯/タチムカウ~狂い咲く人間の証明)

 わたしもがくがく震えてタチムカってるわけです。しかしわたしが、この改正案に反対するのは、この改正案が、傷ついた人間が、物語によって癒される可能性を奪うものになりえると思うからです。それはかつてのわたしです。いまのわたしが救われることを願う人々です。ひとがどのような物語によって救いを得るかは他人にはわかりません。わたしは、ひとりでも多くの人が、自分自身の物語と出会えることを、ただ祈ります。

|| 22:24 | comments (x) | trackback (x) | ||

CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<  2017 - 09  >>
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
    処理時間 0.204303秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット