COUNT
PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORYS
COMMENTS
SEARCH BOX

「リテラリーゴシック・イン・ジャパン: 文学的ゴシック作品選」高原英理・編 (ちくま文庫)
by くさてる

<amazon>

 「人間の持つ暗黒面への興味」を必要条件とし、「不穏」を最大の特性とした文学。それをテーマにしたアンソロジーです。明治から大正、昭和、平成と、時代の制限は無く、詩歌や随筆も収録され、幅広いジャンルから選ばれたそれらの作品は、すべてが豊潤な香りを放つ内容となっています。


 脳が沸騰しそうなほど興奮しながら読みました。単純に、こういうのが好き、なのです。文学少女的、厨二的メンタリティからの背伸び感や憧れを通り過ぎて、さまざまな言葉や表現に触れ、それぞれの美点を楽しみ味わってきました。でも、わたしはやっぱり、こういうのが好きなんです。幻想、怪奇、退廃、耽美…これまでに評されてきたであろうどんなキーワードを選んでも足りない気がします。単に粒揃いの真珠、というのなら、どれもが極上のバロック真珠です。美しく、貴重で、歪んでいる。幾通りもの言葉の組み合わせが厳密に成されて表現されるだけで、こんなにも世界が暗く、そして色鮮やかに豊かになるなんて、と思います。そのひとつひとつを引用していたらきりがありませんが、そのなかでも厳選してお気に入りの作品をいくつかご紹介します。

月澹荘奇譚」(三島由紀夫):ある焼け落ちた別荘の跡地を訪ねて島にやってきた男に、老人が語る40年前の悲劇。子どもの頃から何一つ、自分の手を汚そうとしなかった侯爵家の嫡男と、かれにつき従う別荘番の息子の、こどもらしい主従関係。それは、かれらがやがて青年となったあとも変わること無く…。なぜ別荘は火事となったのか、侯爵家に嫁いだ夫人の謎めいた憂鬱、というあたりがちょっとした謎解きのようにもなっていて、読み応えあります。しかしなによりも、全体に濃く匂うフェチズムの香りと、目にも鮮やかな夏茱萸の色が忘れられません。最後で本を取り落としそうになりました。

」(金井美恵子):全身を大きな白い兎の毛皮で包んだ少女の語る、あたたかく生臭い血の香りに満ちた父との生活。これは既読の作品でしたが、このアンソロジーにふさわしいMadnessがある一作で、選ばれたのも納得です。

大広間」(吉田知子):目隠しをされた「わたし」が受ける蹂躙の不可思議さと残虐さ。ストーリーでもキャラクターでもなく、純粋に言葉の力だけで作りあげられるこの世界に打ちのめされました。どんな解釈も成り立ちそうで、どんな説明も却下されそうな世界です。確かにこれは「不穏」。救いの見つからない(けれど絶望も無い)不思議な世界です。

眉雨」(古井由吉):そしてまた、男女の交合もまたどこまでも不穏を高めていくことが出来る行為なのだなと思います。理性ではなく、純粋な感覚だけでつながっていくこと。その恐ろしさ、たどりつかなさがどこまでも広がっていくような感覚を、何度も行きつ戻りつする夢のような語り口で表現されると、ただもう、圧倒されるしかありません。

今日の心霊」(藤野可織):どんな写真を撮ってもかならずそれが心霊写真になる少女。彼女の写真が巻き起こす騒動と、彼女を見守る人々。ゴシックというと、恐ろしかったり耽美であったり、という面が強調されがちですが、この作品は、黒い笑いもまた十分に不穏なものであることを教えてくれます。ユーモラスで、不謹慎で、楽しい一作です。

 700頁近い大著のうえ、濃い内容の作品ばかりなので、読むのには多少の覚悟が必要かもしれません。けれど、いったん読み始めてしまったら、そこにたたずむ様々な不穏な美の世界に浸りきってしまうことでしょう。わたしとしては「幻想文学の領土から」の章で、素晴らしさに呻きっぱなしとなりました。読む人それぞれによってお気に入りの箇所は違うと思うのですが、ひとによってはこの本で生涯の忘れられない一作に出会うかもしれません。表紙写真の中川多里による人形写真を見て、それに惹かれるものが少しでもあるのなら、手に取って見ることをおすすめします。

|| 23:11 | comments (x) | trackback (x) | ||
「ミステリマガジン700 【海外篇】」杉江松恋編 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
by くさてる

<amazon>
 
 ミステリ専門誌「ミステリマガジン」の創刊700号を記念したアンソロジーの海外篇です。

 一般的に、アンソロジーといえば玉石混合な場合が多いのですが、さすがに歴史ある雑誌の記念アンソロジイだけあって、とびきりの宝石粒が揃っているような内容でした。ミステリの範疇のなかにありながらも、その「謎」が及ぶ範囲は、人間の心理や行動、或いは不思議きわまりない現象にも広がっていて、様々な味が楽しめる内容となっています。どの作品もそれぞれに面白いのですが、個人的にとくに印象的だった作品について語ってみます。

憎悪の殺人」(パトリシア・ハイスミス)
 郵便局勤めの孤独な主人公。かれの、自分をいらだたせる周りの人々への嫌悪感と憎悪は、ある奇妙なかたちで表現される…という内容。1965年の作品ですが、時代を超越した人間心理というのはまさにこういうものを現すのではないか、と。現代でもきっと、コンビニのレジで、役所の窓口で、コールセンターの電話の向こう側で、この作品の主人公のように、ふつふつと他人への怒りを煮立て続けている誰かがいるのだと思います。そして、その憎悪をある方法で解消するというまさにその行為によって自分の憎悪を確認し続けた結果、かれは沼のような行き止まりの世界にはまっていったとしかわたしには思えず、その救いの無い展開には、寒気がしました。徹底的に冷えた視点で人間を見るハイスミスらしい短篇だと思います。

マニング氏の金のなる木」(ロバート・アーサー)
 横領した金を行きずりの家の植木の根元に埋めた青年。その金をしっかりと守ってくれた木とその家に住む何も知らない家族と、刑務所を出た後に計画的に親しくなっていった結果…というお話。ちょっと皮肉のスパイスも効かせつつ、勧善懲悪な内容で、読後感が良いお話でした。これもまた人間のかたちの一つの真実だと思います。

子守り」(ルース・レンデル)
 自動車が大のお気にいり、でもまだ喋ることが出来ない坊やと、かれのために雇われた子守りの娘。坊やの父親と娘の距離が近づいていくのと同時に、不穏な事故が起きる雰囲気も高まっていって…。ハッキリ言って、登場人物全員が、ずるく、甘えていて、弱い。読んでいて好感が持てる人が誰もいないという厭なお話。けれど、そんな厭な人物揃いの物語のなかでも本当に冷たく怖い誰かの姿がくっきりと現れる最後の瞬間にはぞっとさせられました。怖い話です。

フルーツ・セラー」(ジョイス・キャロル・オーツ)
 父を亡くした娘が、ある日、兄からの連絡を受ける。「ここに来たほうがいい。シャノン。いますぐに」。個人的には、この作品がベスト1です。具体的描写は皆無なのに、そこで行われたであろうある行為が、おそらくは読むひとの数だけ浮かび上がる構図になっていて、それがもう、本当に怖いです。なにが起こったのかは推察するしかないのだけど、ある日突然、なんの予想も身構えもしていなかったところにこんな事実がやってくるという怖さのリアリティがすごい。そして、もはやどうしようもなく、明らかにしたところで破滅しかないまま、父親の思い出と事実が重なっていくラストを読み終えたあとも、落とし穴にいつまでも落ち続けているような無力感が残りました。こういう後味は、この小説で無いと味わえないと思います。

 なんだかわたしが紹介すると、厭な後味系のものばかりのようですが、その他の作品には後味が良いものやユーモラスな感じがするものももちろんあります。ミステリがお好きなかたはもちろん、短篇小説がお好きなかたなら、まず読んで損は無いアンソロジーだと思います。しかし、ミステリマガジン本誌には、単行本未収録だったり、あるいは自分が知らなかったりする名作がまだまだひそんでいるのでしょうね。そう思うと、雑誌を読むことにあまり積極的でなかった自分も、ちょっとミステリマガジン本誌を手にとってみたくなりました。おすすめの一冊です。


|| 21:25 | comments (x) | trackback (x) | ||
大森望編「ここがウィネトカなら、きみはジュディ(時間SF傑作選)」(早川書房)
by くさてる

<amazon>

 実はこれまでわりと苦手意識があった海外SFですが、同じようなアンソロジイ「時の娘 ロマンティック時間SF傑作選」<amazon>が面白かったので、これも手に取って見ることにしました。短篇アンソロジイが好きというのもあるのですが、これはやはりタイトルが秀逸。パッと見では意味がつかみにくいですが、まあ云ってしまえば「ここが名古屋なら、きみは柊生」みたいなものです、はい。時間をテーマにしたSF短編、13篇が収録されています。以下、収録作から、いくつかご紹介。

「商人と錬金術師の門」(テッド・チャン)
 アラビアンナイトに似た形式で語られる、時間を行き来できる門にまつわるいくつかの人生の物語。アラビア風味の世界が舞台なので、とっつきにくくなければいいなと思って読み始めたのですが、思いのほか読みやすかったです。また、過去を変えることはできなくとも、その意味を自分のなかでより深く噛みしめ、和解することが出来るというテーマが静かに響いて、美しい作品でした。そして、実際には、時の門がなかったとしても、この世界と時代に縛られたままでも、過去を自分なりに解釈しなおすことは出来るのでは不可能ではないとも思いました。事実は変わらない、けれど、真実はいかようにもその姿を変える、はずです。
「彼らの生涯の最愛の時」(イアン・ワトスン&ロベルト・クリア)
 時代を変えて何度も出会い直し、運命を変えようとする恋人たち…というのは、時間SFのなかでは、ある意味定番のストーリーなのではと思うのですが、これはなかなかとんでもない。無茶で軽く飛んでいて、けれど、芯にあるものは意外な純情であるようなので、はっちゃけた小道具が気にならない。ふざけすぎという印象はないのです。しかし、タイムトラベルのために時代に左右されない場所として選定されたのがあそことは。確かに下手な文化施設よりも、この世でいちばん見つかりやすく、異邦人が溶け込める場所なのかもしれないな。
「去りにし日々の光」(ボブ・ショウ)
 光が通りぬけるのに大変な時間がかかるため、過去の光景をその向こうに見ることが出来る素材、スローガラス。その産地を訪れた疲れ切った夫婦が出会った、ガラス職人の見つめる先にあったものは…。最後がちょっと感傷的にすぎるかもしれないけれど、スローガラスという発想自体がそういうものなので、似合いなのでは。SFというよりは、わたしの好きな奇妙な味寄りのお話と感じました。
「時の鳥」(ジョージ・アレック・エフィンジャー)
 タイムトラベルとヨーロッパ旅行をはかりにかけて、タイムトラベルを選べるようになった時代。歴史観光旅行の舞台として、アレクサンドリア図書館を選んだ青年が目にした、思いもよらぬ光景とは…。観光旅行のひとつとしてのタイムトラベルにまつわるもろもろの小道具や手続きがリアルで楽しいなと思って読んでいたのですが、その予想を裏切らなさもまた、このお話の皮肉な結論につながるものなのかもしれません。ちょっと意地悪だけど、ラストに納得いく作品です。
「世界の終わりを見にいったとき」(ロバート・シルヴァーバーグ)
 これも観光旅行としてのタイムトラベルを扱いながら、行先は「世界の終り」としての未来。はっきりと指し示されるわけではありませんが、読み手にじわっと伝わる皮肉でブラックなユーモアが、懐かしい感じの作品でした。80年代の日本SFにも似た味わいです。
「昨日は月曜日だった」(シオドア・スタージョン)
 月曜の夜に眠ったハリーは、水曜の朝に目を覚ます。いったいなにが起こったのか?基本設定自体は思いつく人がいるかもしれないし、よくある物の見方といえるかもしれないけれど、これをここまで発展させて理屈づけ、なおかつ登場する人物たちがお茶目で楽しい作品は無いかも。発想と、展開の勝利です。最初はきょとんとするかもしれないけれど、そういうものだと飲み込んで、二度読み直してみれば、面白さに目を開かれる思いがあるでしょう。
「旅人の憩い」(デイヴィッド・I・マッスン)
 場所によって時間の流れる速さが違うという設定を、架空世界の戦時下にあてはめてみれば、なんとも凄みのある、救いようのない作品になりました。この世界への昏いまなざしもまた、SFには必要な視点のひとつとして存在するものだとわたしは思います。タイトルが、なんとも。
「いまひとたびの」(H・ビーム・パイパー)
 過去の自分に戻って人生をやり直す、という設定は、すでにそれだけでオリジナルジャンルではないくらいに定着したものですが、これもまたそのひとつ。わたしはこの手の作品では、筒井康隆の「秒読み」が大好きなのですが、この作品もまた、もう一度やり直すことにより、世界を変えることとその可能性についての前向きな希望がほのかに漂う、読後感の良い作品です。
「12:01PM」(リチャード・A・ルポフ)
 一日の同じ時間が永遠に繰り返され、そのなかにひとり佇みながらそれを何十回でも体験し続ける男。なんとかそのパターンを破ろうともがく男の真剣さと、たちはだかる運命の両方に、重く哀しいものを感じます。これって設定を微妙に変えれば、ある種の幽霊譚にだってなりそうです。つまり、それくらいにひとつの時間、場所に囚われた人間の運命はものぐるしいということ。
「ここがウィネトカなら、君はジュディ」(F・M・バズビイ)
 ここでは時間が繰り返されることも、止まってしまうことも、閉じ込められることもなく、過去と未来を自由に行き来するわけでもない。人生の様々な時期を、滅茶苦茶な順番で生きていく運命にある二人の男女のロマンスを、不思議な発想と展開で描いた作品。ロマンティックで、せつなくて、どこか不思議。最後のセンテンスを読んだ時の充足感は、これがその自由さを許してもらったジャンルであるからこそのものであると感じました。様々なものに縛られず、様々なものを内包する自由さ。(そして時には、縛られること、一つのものに固執することができる自由さも含めて)多分、それがわたしにとってのSFです。読んだあとに、微妙に世界が変わるような不思議な居心地の悪さを感じさせられるという意味で、良いSFを読んだという印象がしました。最初はややとっつきにくいかもしれませんが、構造が分かれば、すごく面白いはず、おすすめです。

 すべての作品が、時間SFと区切りつつも、さまざまな趣があります。それで分かったのは、やっぱりわたしはハードSFとか科学的理屈にはまったく感性が鈍くて、ある種の特殊状況におかれた人々の感情とか心の動きとか、思いもよらぬ行動などがメインでないと反応できないんだなということ。しかしそう思えば、時間SFは、まさに、「終わってしまった過去」「これからの未来」をどうにかしたい、或いはそれに振り回され続けている人々のお話なので、思いのほかわたし好みのジャンルであるかもしれないのです。もうちょっと色々と読んでみようと思います。

|| 22:00 | comments (x) | trackback (x) | ||
「短篇コレクションI (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 第3集)」(河出書房新社)
by くさてる

<amazon>

 南北アメリカ、アジア、アフリカの傑作短篇が20編収録されています。

 正直言って私には高度すぎる内容の作品も多かったけど、張愛玲「色、戒、」、モリスン「レシタティフー叙唱」、日取真俊「面影と連れて」はひときわ心に残りました。難解なものも多いなか、これらの作品には感情移入できて楽しむことが出来たのです。

|| 22:26 | comments (x) | trackback (x) | ||
「謎のギャラリー―謎の部屋」北村薫編 (新潮文庫)
by くさてる

<amazon>

 「謎」をテーマにしたアンソロジイ。謎というからミステリかと思ったら(それも有ですが)、むしろ人間の心情の奇妙さや解かれない謎を提示した不思議な小説のアンソロジイで、とても好みでした。「どなた?」(クルト・クーゼンベルク)、「埃だらけの抽斗」(ハリイ・ミューヘイム)、「返済されなかった一日」(ジョヴァンニ・パピーニ)などがとくに良かったです。

|| 10:56 | comments (x) | trackback (x) | ||

CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<  2017 - 09  >>
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
    処理時間 0.176115秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット