COUNT
PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORYS
COMMENTS
SEARCH BOX

「タラチネ・ドリーム・マイン」雪舟えま(PARCO出版)
by くさてる

<amazon>

空気が、夜の気が、月の光が、あんな柔らかいものが、わたしたちを削る。音もなく」(P169 「電」より引用)

 この本は、歌人・小説・随筆家である雪舟えまさんの短編集です。公式サイトはこちら

 わたしが彼女の作品に触れたのは、「ファイン/キュート 素敵かわいい作品選 」高原 英理 (編) (ちくま文庫)というアンソロジーに収録されていた「」という短篇が初めてでした。タイトル通り、素敵で可愛いという作品ばかりを集めたこのアンソロジーのなかでも、この作品は群を抜いてキュートで、そのままわたしの胸に飛び込んできて忘れられない作品となったのです。


<amazon>

 時は平安時代。年頃なのに眉も抜かずに、書きものばかりしていて目を悪くしてしまい玻璃を工夫した眼鏡のようなものを発明したりしながら、夢で見る不思議な国の見聞録を書きつづって草紙を作る変わり者のお姫様と、そこに通う公子との、とてもういうしい恋物語。読んでいると、良質の少女マンガを読んだ時のときめきのような恥ずかしさが極限まで高まるけれど、同時にしみじみと幸福感がしみわたるような、そんな物語でした。でも、甘いだけではない。その物語のなかには、その甘さや幸福はその一瞬だけかもしれないこと、でも、奇跡的にそこに存在していることだけは確かなことが現れています。そんな、本当の恋愛のいちばんの上澄みのようなものを掴み取った物語だと思ったのです。そのせつなさと甘さ、頼りないような曖昧さにいかれてしまったわたしが次に手に取ったのが、この作品集でした。

 この作品集には13の短篇が収録されていますが、先ほど紹介した「」をはじめとして、どの作品も、少し懐かしいようなファンタジーとお伽話とSFのハイブリッドという感じの設定を、不思議で独特な言語センスをもって、すいすい自由に泳ぎ回るような感覚的なお話ばかりです。海外文学でいえば、エイミー・ベンダーとかカレン・ラッセルなどの作品を連想する奇想さですが、アメリカに彼女らがいるのなら、日本には雪舟えまがいる!と大声で云いたくなってしまいました。そういう感じ。

 いくつか例を挙げるなら。身体をうす青い炎に包まれた同級生の少女との心の寄り添いをもうひとりの少女の目から描いた上質な百合物語(「モンツンラとクロージョイ」)(←こういうゲスな表現というか誤解しないでいただきたいのですが百合が下種なのではなく、そういう風な世俗的な表現しか出来ないわたしの心情そのものが下種なわけなのですが、まあ百合で。これが素晴らしい百合で。もうお好きな方にはぜったいお薦めの純度100%の百合で)。火星で石を並べて地面に絵を描きながら、遠く離れた地球に去った夫を待ち続ける妻と不思議な少女の邂逅の物語(「ワンダーピロー」)。細かな水の粒子となって雨に混ざりこみ、たずね人やいなくなったペットを探す探偵の女性(「草野ずん子」)。若返り手術を繰り返して恋をし続け、それでもとうとう老化を止めることができなくなった女性が、何百年ぶりかに出会った双子の妹と選んだ暮らし(「タタンバーイとララクメ」)。などなど。

 それらのお話は、どれもが濃淡こそあれど、男女や夫婦、少女と少年、人間と猫などの愛情の交歓が描かれていて、その表現がわたしはとても好きになりました。常識を軽く跳びはねた設定のなかでも、気持ちや恋の感情が純粋に極まって、そこからこぼれる感情の粒が、どんなに美しいものになるのか、それを体現しているような登場人物たちの言葉や使われている表現が、どれも良すぎて、いやもうたまりません。そして、美しいだけでない、それはとてもはかないもので、いつなんどき終わるか分からず、消えてしまうか見当もつかず、もしかしたら今この瞬間にも途切れているのかもしれないという静かな諦念のようなものすら感じられるのです。

 描かれている内容の可愛らしさに、最初、著者はとても若い人ではないかと思っていたのですが、プロフィールを確認したらばっちり同世代だったので、少し驚き、納得しました。この感覚、すべては過ぎゆくけれども、その一瞬のはかなさの美しさを知っていてとらえるには、あるていどの年齢を必要とするはず、などと勝手に思ってしまったのです。的外れだったらすみません。でも、とても可愛らしく甘いお話ではあるけれど、同時にたまらなくせつないお話たちであるのですよ。そこに惹かれました。

 著者はたいへん多才なかたであるらしく、電子書籍でも多くの作品を発表されているので、これから少しずつ他の作品も読んでいこうと思います。しかし、他の作品がどうであれ、この短編集はわたしにとってとても素敵で可愛い一冊でした。良かったです。

|| 22:32 | comments (x) | trackback (x) | ||
「繁栄の昭和」筒井康隆(文藝春秋)
by くさてる

<amazon>

 筒井康隆の最新短編集です。まず、表紙のモノクロ写真の女性が美しい。それに添えられた題名と合わせて、これだけでノスタルジックな雰囲気が漂う素敵な装丁です。そしてこの女性が誰か分かったときに、なるほどなあと思いました。以下、とくに印象に残った作品について。

「繁栄の昭和」:「ダンシング・ヴァニティ」などの過去作品でもあった、絶妙な世界の繰り返しと少しずつずれていく様相に酔いました。それも、アルコールの陶然とした酔いではなく、乗り物酔いのような目眩をともなう感覚で。

「大盗庶幾」:「今日は帝劇、明日は三越。母の日常はその頃のそのような流行語の通りだった」という冒頭から引き込まれました。大正時代の華族の家に生まれた美少年が、やがて運命に導かれるままに成長していって…という内容。夢のように描かれる大正時代の華やかさがすごく良い。そして、最後の引用文で、はっきりと明らかになるかれの正体。その鮮やかさがたまりません。乱歩ファンは必読といえましょう。

「科学探偵帆村」:身に覚えのない妊娠に動揺する様々な立場の女性たち。まさかの処女懐胎の原因は…という内容。往年のヒドいドタバタ作品の数々(褒め言葉)を思い出しました。このデリカシーの欠如が著者の特徴でもあるので、それをどうこう云っても仕方ないよね。「大盗庶幾」が江戸川乱歩オマージュで、この作品は海野十三オマージュです。

「リア王」:伝統的な自然主義リアリズムを信奉している初老の役者。ある日高校の文化祭でリア王を演じているときに、携帯電話の着信音が鳴り響いて…。そう、デリカシーのない作品も書くけれど、こういう、なんともいえない優しいくすぐったさを持つ作品を書くのも筒井康隆なのです。わたしはこれ、すごく好きだなあ。単なる良い話に終わらない、なんだか夢のような優しさが満ちている作品です。

「一族散らし語り」:古い屋敷のなかで腐った身体を引きずりながら生きていく一族のさまが、それぞれ違った語り手によって描かれるのがグロテスクで生々しい。「遠い座敷」を思い出しました。

「附・高清子とその時代」:これのみエッセイ。奥さまに良く似ているエノケン映画に出演していた女優さんについての文章です。もうこの時代には存在しないだれかを「好き」になる楽しさとせつなさが現れていて、いいなあと思って読んでいたら、最後になんだかとても多いなる意志による具現化的な場面。これもまた夢と現実の融合した感じで、「繁栄の昭和」という言葉から浮かぶイメージにぴったり合うエッセイだと思いました。そして、この高清子という女優さんが表紙の女性なのですね。まさに夢見るような美しさ、です。

 全体的に、なんだか「筒井康隆らしい」という言葉を繰り返してしまう短編集でした。でも、単なる再生産という感じはしないんですよね。どの作品も、雰囲気は違えど、紡がれる言葉の一つ一つが、筒井康隆の選ぶ文字という感じです。満足しました。




|| 21:36 | comments (x) | trackback (x) | ||
「おんなのしろいあし」岩井志麻子・作/寺門孝之・絵/東雅夫・編(岩崎書店)
by くさてる

<amazon>

 有名作家が文章を担当して、大人にも人気な怪談えほんシリーズの一作です。公式サイトはこちら

 わたしもこのシリーズは好きです。個人的にはこれまででいちばんの怖さと内容を兼ね備えていたのは、京極夏彦・文/町田尚子・絵「いるのいないの」でした。わたしは、怪談はやはり「正体が分からない」「はっきりしないけどなにかある」雰囲気があるものが好きなので、その好みにぴったり。大人も怖いよ。


<amazon>

 そして、この「おんなのしろいあし」は、ご贔屓の岩井志麻子が文を担当ということで楽しみにしていたのです。ほんの少し煽情的で色っぽく、でも、怖さも含んだ題名が、とても志麻子ちゃんらしい。少年らしい勝気さを持った男の子が、オバケが出ると評判の古い倉庫を訪ねたら…という展開自体は、そう珍しいものではないかもしれないけれど、忍び寄ってくる不思議なもの、まとわりついて離れない不穏な空気の表現が、これみよがしでなく、ちょうどいい。

 これまでの「怪談えほん」のなかには、絵で怖がらせて文章もそれをけしかけて、という風にうるさすぎるように感じるものもあったのですが、この絵本のなかの岩井志麻子の文章と寺門孝之の絵のバランスは、互いにちょうど良い匙加減で釣りあっている感じです。これみよがしの怖さではなく、でもほんのりと感じるだけでも十分というお話でした。

|| 23:27 | comments (x) | trackback (x) | ||
「ここだけの女の話」田辺聖子(新潮文庫)
by くさてる

<amazon>

  「言い寄る」(感想はこちら)で開眼して以来、田辺聖子の短編集や長編を、新装版になったものをちまちま順番に読んでいます。で、なかにはTwitterで短い感想を呟いているのもあるのですが、なかなか感想を書きにくいものもあったりします。駄作とかつまらないものはまったくといっていいほどないのですが、時代性だけはどうしようもないのかなと思うことが多いかな。「甘い関係」なんて、冒頭の中年男性のすごいセクハラ攻撃に目を白黒させてたら、それがヒロインと重要な関わりを持つ男だったりして、いやもうお手上げ。性格付けと云われたらそれまでなんですが、あれはないわ。そう思うと、人権意識というのは常に向上していったのですねと真面目に感心しました。いや本当にありえないから。いまでもそういうことするひとはそりゃいるかもしれないけれど、そういう言動が読者に受け入れられるものとして、登場人物の愛すべき無邪気さの表現として、描かれることって、いまの現代小説ではありえないと思う。読者の共感を得るためのハードルを無駄に高くするから。

 しかし、ところどころにそういう意味での「古さ」を感じることがありつつも、けれどもそれでも、そこに浮かび上がる人間の本質、みたいなものは古びていないのです。だからこそ、出版当時から40年近くたったいまでも、普通に読める「小説」として、田辺聖子の小説は、新装版が出版されるのだと思います。あと、もちろん、時代性に関していえば、当時は先端すぎたかもしれない、男性との関係を楽しみながらも、仕事をして、恋の旨味だけを上手に啜るような、若くも美しくもない女性たち、いまでは当たり前に受け入れられているそういう存在を、きちんと描写していることも、さきほどとは正反対の意味で、時代性を感じることであります。あ、当時はこれが夢物語だったのかもね、と。まあ、そういったことは、田辺聖子ほどのひとになれば、多くのかたが感じておられることだろうから、わたしなどが改めて述べることでもないわなあと思ったのも、あまり感想を書かなかったひとつの理由でもあります。

 でもね、田辺聖子の短編を読むたび、ときどき出くわすある種のお話やキャラクターに、わたしはちょっと穏やかなものでないものを感じていました。その穏やかでないものを、作者はどこまで意識されていたのだろうと思うような、人間の、奥底が透けて見えるようなお話があるのです。でも、そう感じるのはわたしだけかもしれない。なにも構えずに読めば、普通に「ああこういうことあるよってに」的に流せるお話かもしれない。そもそも、田辺聖子の小説に出てくる人物は、そうそう悪人はいない。底意地が悪かったり、人間的に浅ましい感じのひとはいても、「まあしゃあないな」的に思えるように描写されている。だって、世の中にはいくらでもいるからね、そういうひと。でも、そこに悪意が無いからこそ、疑問を持たないからこそ、浮かびあがる、ぞっとするような人間の空っぽさというのを感じる短編があるのです。それが、この短編集の表題作でもある「ここだけの女の話」。

 団地に住む専業主婦が主人公です。彼女は、自分と同じような団地の奥さんと、他の奥さんの噂話に花を咲かせます。誰それは二号さんだ、誰それの子どもは出来が…と無邪気に詮索をしながら、他人と比べて、自分の恵まれた境遇に密かに満足しながら、さっきまで悪口を言っていた奥さんともそこは仲良く買い物に行き、平凡な日常を、そこそこ楽しく生きています。そういうお話。これが発表されたのはいまからちょうど40年前。日本が高度経済成長期の中にあり、これまでの長屋とはまた違った集合住宅に人が住みはじめたころ。

 発表当時は、おそらく「あるある、こんなこと。いてるわあ、こんなひと」的にさらっと読み流されて、ちょっとユーモアを感じて終わるような話、だったのかもしれません。けれど、いま、40年後の視点で見ると、そのプライバシーの無さと他人の生活を嗅ぎまわることへの遠慮のなさ、妬みとやっかみからくるひそかな悪意(芸能ジャーナリズム、ワイドショー的な騒ぎが始まりだしたころかなあとも思います)に、それこそ、他の作品の男性人物のあまりに時代的に受け入れられないセクハラ発言に引いたのと同じような、受け入れられなさを感じるのですが、わたしがこの作品にぞっとしたのは、それだけが原因ではありません。主人公の心情が垣間見える、あるつぶやきに、ぞくっとしたのです。

 新婚ほやほやの奥さんを見て、主人公はいつまでもそんな甘い思いは続かない、と皮肉な気持ちになったあげく、ある考えを心でつぶやきます。

いやといったって所詮、人間は変わるのだ、白リボンもピンクのセーターも今いずこ、私、ふいっと考えた。人生って何やろ、人間て、何のために生きとんねんやろ。夫婦て、何のために一緒に居るんやろ

 …このつぶやきから伝わる、他人の生活、人格、風評を、悪気も憎しみもなく、ただなんとなく知りたいだけで嗅ぎまわって噂して、我が身と比べて満足して生きている、主人公の、この空っぽさの恐ろしさは、なんでしょう。その一瞬の洞察は、もちろん実を結ぶことはなく、そのまま、特に何もないままでも生きてていいやないのん的に話は終わるのですが、これは実に怖かった。からっぽな人間に、それでも浮かんだ本質的な疑問。それこそが、本人になにもないことを浮かび上がらせているような気がして。そうやって、大事なことに思いを馳せることはないまま、終わっていく人生があるのだ、と云う、当たり前の、でも、どうにも怖ろしいような気がしてならないお話だと、わたしは思いました。もちろん、これはわたしの単なる深読みでしかない可能性が大です。この話は、タイトル通り、女同士の「ここだけの話」という枕詞を象徴にした、他人をどこまでも気にしないと生きていけない団地のおばちゃんをユーモラスに描いただけの話なのかもしれません。でも、わたしは怖かった。田辺聖子の他の作品に出てくる女主人公は、若さや才能、美貌に頼ることはなく、この主人公の問いに自分なりの答えを持っているひとがほとんどだからこそ。そして、この時代には、この主人公のからっぽさは、まったく気づかれないものであったことを思うと、なお。作者だけは、気が付いていたのではないかと思うのです。

 この短編集には、他にも、亡き夫の弟とのあいだでたゆたうように揺れる気持ちを楽しむ未亡人を描いた「旅行者はみな駅へ行く」や、かしこくあろうとした女と無邪気に大きな視点を持とうとした男、そのどちらにも罪は無く、ただすれ違ってしまった恋の行き先が哀しい「火気厳禁」、2人の男の間で曖昧に揺れ動く女性の迷いを甘く描く「帽子と求婚」、可愛くもかしこくもない幼女の視点から大人の世界を垣間見た「ろばと夢のなかの海」などがとくに良かったです。人間は、どんなことにも慣れてしまったり、いいかげんに生きてしまうものだけど、そのなかでもなんとか自分というものを持って生きていきたいと願ったりするものだなと思います。それはときに泥臭かったり、ダサく思われることかもしれないけれど、それもまた、人間の営みであることには変わりない。それを的確に嫌みなく拾い上げてくれる田辺聖子の小説を、まだ読んでいきたいと思います。

|| 22:56 | comments (x) | trackback (x) | ||
「それからはスープのことばかり考えて暮らした」吉田 篤弘(中公文庫)
by くさてる

<amazon>

 サンドイッチ店で働く青年の、静かな日常を描いた短編集。

 川上弘美系というか、食事を中心に置きつつ、穏やかな生活の揺れを表現する落ち着いた作品です。それなのに、数か所、忘れがたいような深い文章が見つかる。浮ついていないけれど重くもない。良い小説でした。

|| 22:32 | comments (x) | trackback (x) | ||

CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2017 - 05  >>
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
    処理時間 0.187888秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット