COUNT
PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORYS
COMMENTS
SEARCH BOX

「第二次世界大戦紳士録」ホリエカニコ(ホビージャパン)
by くさてる

<amazon>


 題名通り、戦前から第2次世界大戦における日本とドイツの軍人を、その人となりが伺えるエピソードと蘊蓄たっぷりに紹介するコミックです。

 マニアも多いこのジャンルですので、本当にうっすらとした興味があるていどのわたし(ええ、基本は軍服萌えですとも)などがあれこれ言うわけにはいかないのですが、そういう人間でも、すらすら読める分かりやすさと楽しさなのは間違いないです。なんかもう抵抗できない軍服の描写の麗しさにはじまって、歴史というものを考えさせられる内容、笑えるコミカルな描写、おお、と思うような逸話やくすりと笑いたくなるようなエピソードを読んでいるうちに、「戦争」という大きな運命自体にまで思いを馳せる事が出来るようになる、傑作だと思います。

 とにかく細かく描き込まれた書き文字ひとつひとつが面白いレベル。表紙からは綺麗で耽美な作風かと思われそうですが、二等身デフォルメキャラは可愛く、ギャグは、なんかもう本当に容赦無い。史実はもちろん、語り継がれていくうちに伝説と化したであろうエピソードもあるのでしょうが、ヒトラーやゲッペルス、山本五十六に山口多聞といった有名どころはもちろん、この本で初めて知ったひとでも、その人となりをなんとなく感じることができるのは、著者によるそれぞれの人生のエピソードの抽出力と、それを適切にまとめあげる力のおかげなのでしょうね。

 もちろん、2.26事件にはじまり、最終的には沖縄、終戦にまでいたる第2次世界大戦当時の人々を紹介したものですので、笑って楽しいだけではすまされない哀切なエピソードもたくさんあります。本当に、たくさん。そして、それらを読んでいるうちに、一つの大きな戦争という渦の中でも、それぞれにもがき、自分の信じる道を歩んでいったであろう人々の不器用さ、まっすぐさ、恐ろしさ、そんな様々なものを感じることになりました。当たり前の話ですが、人間は、どんな状況下でも、結局は人間なのだなと思います。

 そしてわたしは、著者の戦記物同人誌を全部総集編にして商業出版で再版してほしいと心から願うファンでもあります。本当に、もっと読みたいなあ。

|| 22:35 | comments (x) | trackback (x) | ||
「おだまり、ローズ―子爵夫人付きメイドの回想」ロジーナ・ハリソン(白水社)
by くさてる

<amazon>

 いまからおよそ110年ほどの昔。1899年に、イギリスのヨークシャー地方で、侯爵お抱えの石工である父と、お屋敷の洗濯物を仕事にしていた母とのあいだに、四人姉妹の長女として生まれた女の子がいました。彼女は、物心ついた時から家事を分担して、炊きつけをくべて火をおこし、井戸から水をくみ、繕いものや洗濯に幼い妹や弟の世話に明け暮れていましたが、学校で学ぶのも大好きでした。もっとも、兎の皮剥ぎにはうんざりでしたけど。やがて、奉公に上がるべき年齢に達した時に、彼女は小さなころからの憧れを口にします。旅行に行きたい、と。すると思ってもみなかったことに、彼女の母はこう言ってくれたのです。「それほど難しいことじゃないかもしれないよ。お屋敷勤めの召使のうち、女ならお付きのメイドは、ご主人がどこに行くときもお供するのが普通だからね」……それが、この少女の運命を決めることとなるのです。

 この本は、イギリスの貴族階級に仕えるメイドとなった女性が、いくつかの勤め先を経てメイドとしての経験を積んでいく過程と、最終的に出会った強烈極まりないパーソナリティを持った女主人、レディ・アスターとの30年近い関係について語ったものです。1920年代から第二次世界大戦が始まるまでの、貴族階級の暮らしぶりが丁寧に語られる部分にまず興味が惹かれました。執事やメイドといった使用人の役割に始まって、晩餐会の席順がどうやって決められるか、それに使う銀器の手入れから、服に添えるレースの色にいたるまで、華やかで込み入った生活習慣にも、実に細々とした決まりごとがあるのが、ややこしくも面白い。他の本なら、単なる事実の羅列となりそうなそういった物語の歴史的な背景たる部分ですが、この本では、語り手の熱の入った楽しそうなさえずりに耳を傾けているうちに、自然と頭に入っていくという感じで読めました。

 そう、なによりもまず、この本の魅力は、語り手であるローズです。この当時の女性が生きぬくためには必要だった損得勘定も当たり前にしながらも、どんな立場になっても、自分の信念は曲げずに、とにかく身を粉にして頑張る。けれど生活に疲れることはなく、いろんなことに興味があるおしゃべりな少女としての一面を保ち続けているのが可愛い。当時の写真もありますが、意志の強そうな表情が魅力的な金髪の眼鏡っ子です。そして、そんな女性が仕えることとなった、レディ・アスターという女主人がまた、とんでもなく個性的で「淑女でない」女性だったこと。両者にとってこれは幸運な運命だったのかもしれません。ローズは、女主人相手でも理不尽なことには一歩も引きませんし、この女主人も使用人の迷惑など微塵も考える事も無く、自分の気紛れと信じる正義のためには邁進を続けます。この本の題名が「おだまり、ローズ」という言葉であるように、その二人の丁々発止なやりとりがこの本の最大の読みどころでしょう。わたしは名香智子とか竹宮恵子の絵柄で想像しました。あの頃の少女マンガにあってもまったく不思議でない、主人と使用人とは思えないような遠慮ない言葉のバトルは、まさしくマンガのように面白いのです。

 それだけ、ローズの相手役であるレディ・アスターの個性もこの本の大きな魅力です。アメリカの南部で生まれ、イギリス人のアスター子爵と結婚。禁酒主義者でクリスチャンサイエンスに傾倒し、女性で最初のイギリスの国会議員。慈善好きで笑いを愛し、空襲の恐怖におびえる人々の気を紛らわせようと防空壕のなかで側転をしてみせる勇気の持ち主。けれど同時に帽子に目が無い派手好きで、気紛れでお人よし。かっとなると我を忘れ、他人を侮辱することを何とも思わない。子どもも夫も自分の思うようにコントロールすることを当たり前と思い、家族への「愛」を表現することを知らなかった女性。とても魅力的だけど、身近にいたら実にたまらない人であることは確かなこの女性の欠点も隠さず伝えながらも、同時に、とても愛すべきひとでもあったことも語るローズ。二人の間にあったのは、単純な女同士の絆とか友情とか愛情とかで片づけるのはためらわれるような、なにかだと思います。雇い主と使用人、という壁から存在していた距離があったからこそ、生まれた、より深い相手への理解というものをローズの言葉からは感じます。

 イギリスの貴族や大地主たちの所有する屋敷「カントリーハウス」での生活に興味がある人ならまず読んで損はしないと思いますが、ここで語られるのは、それだけでなく、歴史の流れでゆっくりと変化していったかれらの生活であり、同時にそれに逆らうことが出来ないまま、女主人とその使用人としての関係をまっとうしたひとりの女性の人生の物語でもあります。なにより大事なのは、それらが女同士の言葉のバトルと揚げ足とりと喧嘩のやりとりで笑いも多く語られること。重厚な内容でもありますが、テンポよく実際的に物事を処理していくローズの語りに押されてぐいぐいと読まされました。面白かったです。

|| 23:23 | comments (x) | trackback (x) | ||
「幻の近代アイドル史ー明治・大正・昭和の大衆芸能盛衰記」笹山敬輔(彩流社)
by くさてる

<amazon>

 元祖「会いに行けるアイドル」たち。現代でも人気のアイドルたちですが、いまより遠い、明治時代から昭和20年代にも、劇場や寄席で活躍して、若い男性を中心に熱狂的な支持を集めていた少女たちが存在していました。娘義太夫の太夫、奇術師、浅草オペラの劇団員、ムーラン・ルージュの踊り子たち…そんな彼女たちの存在とその人気ぶり、さらには彼女たちを追いかけ、支えて、恋した男性たちとの関係を解説した大衆芸能史です。

 これが面白かった!彼女たちの公演があればどんな辺鄙な場所でも追いかけて、プレゼントや手紙は当たり前。移動中の車を取り囲んで自宅までついていき、劇場ではご贔屓と目が合った合わないで一喜一憂し、いつも同じ場所にいる常連になることや目立った格好で覚えてもらおうと画策する。ファン同士でも揉めあったり、匿名の投書欄でバトルしたり…そんな風に並べられるのは、ある意味以外でもなんでもない、アイドルを追いかけるファンのエピソードとしては基本のようなものです。でも、それらのエピソードはみな、明治や大正、終戦までという時代に行われたことであるのです。そんな風に、彼女たちを追いかけるファンたちが、いまのファンとそのまま同じことをやっていた例がたくさん挙げられていて、その夢中ぶりのエピソードだけでもとても楽しいです。時代背景も丁寧に解説されているので、それにも関わらず、というか、それでもなお、というべきか。そこらへんの変わり無さ、ファンのやっちゃった話が、まず最初のこの本の面白さのポイントでしょう。

 そう、やっちゃった感。そのポイントから言うと、個人的には、あの「暗夜行路」や「城の崎にて」で知られる文豪志賀直哉のエピソードがすごく好きです。なんと娘義太夫という文字通り若い娘さんの義太夫にハマった経験から書いた小説が引用されているのですが、そのやっちゃった感がすごくいたたまれずに、でも憎め無くていい感じなのです。友人と二人で、雪にもめげずに公演を見に行って、そのあと「今、もし、この雪の中に彼女が倒れていたらどうするか」という仮定の話だけで小一時間盛り上がっちゃうんだよ…。話は尽きないんですよ…。なんだろうこの見知った感じ。

 でも気をつけてみれば、この本は決して、単純に、「昔からオタはこんなことしてたんだよ(笑)」という本ではないのですね。確かにそこかしこで現在のアイドルファンと当時のファンの姿勢を面白く対比させながらも、その文章は、自然と、明治から昭和の、彼女たちを追いかけた人々の記憶に残る(彼女たちは実演が主でしたから、映画などの記録はほとんど残っていないのです)「アイドル」たちの姿を生き生きと描写します。いまはもうすたれてしまった芸能のジャンルや一時の人気から零落していった運命につて触れることも忘れません。なにより、彼女たちは、いまの目から見たら稚拙な芸の持ち主だったりダサかったり微妙な容姿であったかもしれない。でも、間違いなく、当時の若者には夢のように素晴らしく、美しく映ったであろうということが分かるのです。記録ではなく記憶に残る、という言い回しがありますが、彼女たちはまさにそういう存在だったのではないでしょうか。

 しかし当然のことながら、時代の流れということで、やがて始まった戦争は、学徒出陣で出征する前に「万歳!」と叫ぶファン、その手を握り「ご武運長久をお祈りいたします」と涙ぐんで挨拶するアイドルという場面を産むことにもなります。彼女たちが出演していた舞台も、空襲で焼け落ちるという運命の日を迎えます。が、そこでも、それでも。本当にぎりぎりの状況の中で、懸命にひとがすがった、文字通りの偶像としての「アイドル」。その存在の意味を語った第5章のラスト近くの記述が、わたしは本当に好きです。頷けます。

 そしてこれは、究極的には、いつの世にも、現実に存在する相手だけれども、まず自分のものにはならないことが確実な相手に、どうしようもなく熱狂してしまう人間がいるという単純な事実を証明した歴史の書であることが、個人的には興味深かったです。文章も、適度にくだけてユーモアを入れつつも、馴染みの無い時代の社会風俗についても理解がしやすいような丁寧な解説があり、とても読みやすかったです。「アイドル」という存在に興味がある人はもちろん、そういう人間心理が面白いと思うかたにもおすすめです。

|| 20:30 | comments (x) | trackback (x) | ||
「理想の花嫁と結婚する方法:児童文学作家トマス・デイの奇妙な実験 」ウェンディ・ムーア(原書房)
by くさてる

<amazon>

聡明で、博識で、機知に富む/政治や哲学や文学について存分に語りあえる/ギリシアやローマの女神のように若くて美しくて/都会の悪習にも現代社会の思想にも染まっていない、純粋無垢な娘/確実に処女でなければならない/『エミール』の理想の伴侶ソフィーのように肉体的に健康/寒くて侘しい禁欲生活に耐えられるくらい丈夫」(表紙カバーそでより引用)

 …なんじゃそりゃ、と思ったかたも多いでしょう。なんとこれが、ある男性にとっての理想の花嫁像。1700年代後半、イギリスにて慈善家、児童文学作家、アメリカの独立運動にも大きな影響を与えた、トマス・デイという名の実際の人物の理想の結婚相手なのです。要するに、頭が良くて美人で若くて純粋無垢で健康な処女じゃないと!ということ。そんなに都合の良い相手はいないだろうと思ったあなた、その通り。当時のデイは、家柄も良くお金持ちで、文学的才能もあり、他人を不思議と惹きつける個性もありましたが、変わり者で垢抜けて無くて不潔で礼儀知らずでした。デイは何人かの女性に求愛しますが、当然のことながら、あまりに理想的すぎるかれの想いに完璧に答えることが出来る女性は存在しません。苦い思いを抱くことになったデイは、とうとうある考えにたどりつきます。

 この世にこんな完璧な女性は存在しない。だったら、自分が一から作りだせばいいのでは?そこで人形とか魔法とかに手を出せば立派なファンタジィでありますが、デイはあくまで現実的に、その理想的な花嫁を育て上げる方法に着手します。育て上げる。そう、かれは、孤児院から幼い少女を引きとって、自分の意のままに教育して理想の女性に育て上げて、自分の花嫁に迎えようと決意したのでした!

 という、嘘のようなエロゲのような(あ)、でも本当にあったお話を、様々な資料と当事者の証言をもとにまとめあげたのがこの一冊となります。いや、事実は小説よりも奇なり、と申しますが、これはそれを地で行くお話です。というか、フィクションでなら前例も多いこの手のお話が、フィクションであればこう展開するであろう、と思われる方向に素直に話が進んでいかない、それがわたしにとって、とても面白いポイントでした。そもそもこの前設定を読んだ段階で、ひとはあれこれと予想すると思います。こんなことがうまく行くはずがない、女の子は自分の運命を悟るや否やなんらかの行動に出るはずだ、こんなことを考えるデイって男は孤児の女の子を拾って好きなように弄びたかったんだ(はっきりエロ目的だよね?とか)。あるいは、始まりがそれでも、やがて真実の愛にめざめたデイはもっと現実的な相手を愛するようになる、あるいは女の子の欠点を認めたうえで愛するようになるのだ、とか。わたしも普通にそんなことを考えながら読み進めていったのですが、いやはや。とんでもなかったです。そんなはじまりこそいわゆるキモオタの妄想が、まったくその通りには進んでいかないその理由が、面白かった。人間っておそろしく思ったようにはいかない生き物なんだなあ。

 未読の方の興味を削ぐようなことをしないために、望み通り孤児の少女を手に入れた後、デイの人生がどう動いていったかという具体的な展開には触れずにおきます。が、わたしが思うに、この本のテーマには「人間は人間を自分の思うような存在に変革することができるのか」ということが挙げられるのではないでしょうか。デイが行った花嫁育てのような極端な例を中心にしながらも、彼らを取り巻く様々な人々には、実の子供を対象とした子育てや、密着した女友達、男友達との関わり、夫婦間の関係性などについても、自然と考えさせられるようなエピソードが満載です。あまりにも多くの、不幸と幸福の複雑なサンプルを目にした結果として、わたしは思います。

 つまり、ひとはこんなにもひとを自分の思うように変えたいのだ、と。けれども人間はいつでも自分がいちばん可愛くて、そのあまりに、ときに思いよらない言動に走ってしまう。なのに、自分の望むものがなんなのか、ということと正面きって向かいあうことの怖さゆえに、望んでいた運命から逃げ出すこともある。そして、たとえ、どんな理由があっても、どんな立場にあったとしても、誰かの思い通りになって生きていくことはとても難しいことなのだ。それが本人が愛ゆえに心から望んだことであったとしても、真の意味で他人の望むように生きることなどは不可能に近いのだ、と。

 あと、この設定だけを読んだなら、なんと女性蔑視な!とお怒りになるかたもおられるでしょうが、案外、そういうわけではないのですね。もちろん、この時代(アメリカがイギリスから独立する直前です)ですから、男女同権など望むべくもなく、宗教の戒律に厳しく縛られてもいるのですが、それでも女性たちは、お金持ちだろうが名士だろうが、自分にとんでもない理想を押しつけてくるデイにはちゃんと「NO」ということが出来るのです(だからこそ、デイは「すでに育って知恵がついてる女は駄目だ」と思ったわけでして…)。この本に登場する女性たちは、みな、女性にとって生きやすいとは言えない制限の多い時代でも、それぞれ自分に出来る範囲で懸命に自分の人生を生きた女性たちであると思います。そもそも、いわゆるジェンダー的な考え以前に、理想の人間像としての「男らしさ」「女らしさ」に、男女両方ともが、(いまの目から見ると)いささか滑稽なまでに縛られていた時代でもあるのだなあと感じます。そして、デイ自身もある意味、その犠牲となっていることが分かるエピソードもいくつか出てきます。だから、この本の真のテーマは、男だから女だからというレベルの話では、実はないのかも、という気がするのです…。やはり、基本は「ひととして」ということではないかなあ。

 18世紀のイギリス、という個人的にはあまり馴染みのない時代が舞台でしたが、それでもダーウィンやルソーといった有名人が生き生きと活躍していた時代の人々の生活描写、時代背景などが丁寧に描きこまれていて興味深く、また、それでも現代とそう変わることの無い人間たちの欲望と愛情のさまがとても面白い一冊でした。

 なにより、理想の花嫁を求めて奔走するさまが滑稽で愛らしく、しかしところどころで本気で不愉快になるくらいに傲慢な、トマス・デイという主役の個性。「こんな自分勝手な理想を女に押しつける男がその後どうなったの?」という興味だけでも、一冊の本を読み進めることが出来るくらい、とても複雑で興味深い人物です。おすすめです。

|| 23:01 | comments (x) | trackback (x) | ||
「明治 大正 昭和 不良少女伝---莫連女と少女ギャング団」平山亜佐子(河出書房新社)
by くさてる

<amazon>

 明治末から昭和初年までの「不良少女」について、それが報じられた新聞記事などから時系列で追ってまとめたもの。

 いつの時代でも正当な道から外れた少女は存在し、それを興味本位で消費する大人のやり方も変わらない。それぞれの時代背景を思うと、にもかかわらず、記録の彼女らは実に生き生きしている。でも、幸薄感は否めない。勧善懲悪を求める新聞記事によるものだから、余計にそうなるのかもしれないけれども。どっちにせよ、荒っぽくはあるけれど、これもまた乙女の肖像の一つには違いない。

|| 22:06 | comments (x) | trackback (x) | ||

CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<  2017 - 07  >>
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
    処理時間 0.21633秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット