COUNT
PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORYS
COMMENTS
SEARCH BOX

「欲望という名の電車」(監督:エリア・カザン/1951)
by くさてる

<amazon>

 昔に、ラスト20分だけを見て釘付けになったことから、原作の戯曲も読んだ名作です。今回、改めて全篇を通して観たのですが、これはもう、観るんじゃなかった…。いまのわたしにはこのブランチはキツすぎる…。

 没落した名家の出身であるブランチが、ニューオリンズの労働者であるスタンリーと結婚した妹のステラを訪ね、同居するようになります。粗野なスタンリーと教師であり教養をひけらかすブランチとのあいだには常に軋轢が生じ、板ばさみになったステラは苦しみつつも、姉と夫のどちらかを選ぶことはできません。過去に謎めいたところがあるブランチは、そのコケティッシュな容姿と物腰で、スタンリーの同僚であるミッチに思いを寄せられるようになり、プロポーズされるものの、スタンリーによって暴かれた彼女の不名誉な過去により、その婚約はなかったものになります。さらに、妊娠していたステラが出産のために家を留守にした夜に、スタンリーとブランチが最後にぶつかった結果として、物語は哀しすぎる結末へとたどりつくのでした。

 とにかく、ブランチを演じたヴィヴィアン・リーが素晴らしく哀しい。頼るべきものは男性が自分に寄せる好意(つまりは欲望)のみだったブランチが、年齢とともに美しさが磨り減っていくことに恐怖を感じ、だからこそますます男性にすがるほかなくなっていく悪循環と、抜け道のない息苦しさといったら、もう身につまされてつまされて。いや、別に誰かに依存して生きているわけでなくても、若さを失いつつある人間であれば、多かれ少なかれブランチの感じる恐怖の香りをかいだことはあるのではないでしょうか。

 わたしがそう思うのは、ブランチにまとわりついて離れなかった恐怖の正体が、本当は美を失うことやそれによって男に相手されなくなることではなく、もはや誰からも求められない自分を知ることであり、何処にも行けない自分にたどりつくことだったのではないかと思うからです。自分の居場所はどこにもない。自分が所属する役割も見つからない。自分は気づかないうちに大事なものに乗り遅れてしまった。わたしは気弱な人間なので、自分が選んだ道として納得しつつも、ふと、とても心細い気持ちにもなるのです。もちろん、この作品では、女性に処女性や性役割を強く求めていた時代性もあるのは確かですけれど。

 「私はいつも見ず知らずのかたのご親切にすがって生きてきましたの

 ブランチの、最後の台詞がたまらなく哀しい。いまの世の中で、彼女と同じ悲劇を味わう女性がどれだけいるかは怪しいけれど、ブランチの陥穽は、案外いまでもぽっかりと人生のなかに大きな口をあけているような気がしてなりません。表面的な若さや美しさだけの問題でなく、自分というものはなにかということを見つめてこなかった人間を待つひとつの代償として。

|| 00:14 | comments (x) | trackback (x) | ||
「まぼろしの市街戦」(監督:フィリップ・ド・ブロカ/1966)
by くさてる

<amazon>

 これ、昔の映画秘宝でオールタイムベストワンに選ばれていたのを読んでから、観てみたかった一作です。昔の映画だし、フランス映画だし、退屈しないかなと思っていたのでしたが、杞憂でした。

 時は1918年、フランス北部の小さな町からドイツ軍が敗走する際に、時限爆弾をしかけていった。それを解除するために送り込まれたイギリス軍の兵隊と、住民が逃げ出したあとの町に取り残された精神病院の患者たちとの不思議な交流を、御伽噺めいたトーンで描いた作品です。

 反戦映画といえば反戦映画なのかもしれないけれど、声高にそんなテーマが語られるわけではありません。ピントがずれつつも幸せな空気のなかで生きている精神病者たち(現代では、このイメージがステロタイプといわれるかもしれない…)が、空っぽになった町で、思い思いの衣装を身にまとい役割を演じる世界のなか、ただひとり正気の主人公が、ときに戸惑い、苛立ちつつも、少しずつその世界に融和していく様は、ユーモアに満ちて、優しい。戦争という正気の暴力が、何回もその世界に介入しそうになるたびに、苦しくなりました。最後の最後で主人公がたどりついた結論が、苦くもしあわせで、まさにまぼろしの世界のようでした。

|| 00:13 | comments (x) | trackback (x) | ||
「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society」
by くさてる

<amazon> 

S嬢のご紹介で、出ていたことを知りレンタル店に走りました。攻殻機動隊の最新作です。詳しくはこちら。以下、感想ですがネタバレとわたしの品性につながるところは保護色で記載してます(ツッコミ不可)。

 今回の作品は、同じ刺青を入れた13人のテロリストの連続自殺事件を発端に始まる新しい事件を前にした、おなじみ公安9課の面々と一度姿を消した草薙素子の活躍を描きます。あれれ、「S.A.C」は、「人形使いに出会わなかった草薙素子」じゃなかったの?と驚いたのですが、姿を消したとはいえ、別に「人形使い」に出逢ったというわけでもなさそう?なので良かったです。

 正直云ってわたしは「S.A.C」のシリーズでは、大きな政治的視点を中心にした「個別の11人」よりも「笑い男事件」のような個人の問題を中心に据えたもののほうが好きなのですが(もっとも好みなのは、そういった中心ストーリーから外れた単独作品)、今回の作品はそれでいけば、最後の最後で政治的な問題にたどりつく感じかな。原作の1.5と2が微妙に混ざり合ってる内容です。そして明かされた真相については、素子自身のことを「独善的」だと評しているあたりに救いが在るかなあと…。おかしな云いかたですが、素子の方法論には、やはり時に違和感も感じるので、その危険性も含めての視野が攻殻だという感覚があるのに安心しました

 個人的におかしかったのは、素子が姿を消してから2年もたつのに、未だに素子がいなくなったことに拗ねて(るようにしか見えない)ふらふらしてるうえ、久しぶりに逢った素子のことはみんなに黙っちゃう、バトーさんの素子らぶらぶっぷりでしょうか(笑)。分かりやすく云うと、骨抜き?(笑)。ラスト、素子の肩を抱くのに、すごーくじりじりと近づいてる感じなのが、さらに骨抜き度アップ。まあ「S.A.C2nd GIG」のラストでは、素子を探し求めてボロボロになって「もとこー!」とか叫んでるときに、当の素子は初恋のかれの腕の中、という非常になんというかその片想いってせつないよネ的場面があり、見てるわたしも涙を抑え切れなかったものですが(笑いすぎて)、それに比較するならば、本当に良かったよね!

 でも、少佐に骨抜きなのはもちろんバトーだけではありません。少佐がいなければAIが変化しないフチコマとか、トグサの下でもそれなりに頑張っていた9課の面々が、素子が帰ってきて命令を下したとたんにもっと頑張ってやる気が120%アップして、生き生きしちゃうあたりとか…。素子復活を知ったイシカワさんの台詞とかも良かったです。みんな少佐ラブ過ぎです。そしてわたし、実はちょっとだけ、素子×トグサ萌えでもあるので(いやわかりやすく云うと、少佐×9課萌えですが)、肝心なときにトグサを救う素子には萌えた。

 絵的には云うことはまったくありません。わたし的には「イノセンス」まで行くとやりすぎだと感じてしまうのですが(キレイ過ぎというか、CG過ぎというか…あくまで感覚の問題で)その意味でもいい感じ。少佐が実に美しかったです。ただ、ラストの死体描写だけが頂けなかった…ラストのラストの顔面変化の描写のためかもしれませんが、あの義体ならではの中途半端なグロさはちょっと苦手。必要なものだといわれたら、それまでです。あくまで受け手の感覚的なものとして。 
 今後も新作は作られるのかな?とても期待します。わたしはあくまでオンナコドモの感性なので、9課の活躍とか日常の日々とかをもっと見たく思います。タチコマももっと見たいなー。


|| 01:29 | comments (x) | trackback (x) | ||
「ハウルの動く城」(宮崎駿監督作品)
by くさてる

<amazon>公式サイト

 DVDでようやく観ました。わたしにとっての宮崎映画っていうのは、好き嫌いでなく、あれを否定するならわたしとはヲタ種族が違う、というリトマス試験紙みたいなもんです。お客は入ったものの、各所での評判は「わかりにくい」的なものが多かったような「ハウル」。で、観ました。なんですか。どうして誰も教えてくれなかったんですか。云うまでもなかったからですか。展開も構成も分かりにくいとかいいかげん声優使えよとうとう日本語字幕出して観ちゃったよでもキムタクは良かったとか、そんなことよりもなによりもさきに。
ハウルが

 わたしの大好きな、情けないくせに特殊能力をもってて、なおかつマザコン(あああ)な、男がここに。髪の色が変わっちゃったときのハウルの愛らしさはなんですかあれ。いろんなことが怖くておどおどで、でも不正義が許せなくて能力をふるわずにはいられない男の子。美形とか関係なく、可哀相なくらいにわたし好み。そりゃ、ソフィーもろくに関係性が出来上がらないうちから「愛してる」っていっちゃうよね!空からある日やってきた異性が無条件で家族になってしまうことに抗えないのは洋の東西性別ヲタクみな同じ。え、そういう映画じゃなかったっけ。欠点はいくらでもすでに挙げられてる映画とは思います、正直云って、よくわかんないとこあるし。でも、あの汚れた部屋を掃除するソフィーの描写やごちゃごちゃした街の様子を見るだけで嬉しい。宮崎作品には、たびたび男が汚したキッチンや部屋を女子が腕をまくって掃除する場面がある。それを性差別的にとるひともいるかもしれないけど、わたしはあれを観てるとソフィーがうらやましくてならなかった(笑)。一部の人間にとっては掃除って生理的快感だからね。

 宮崎作品って、近年になればなるほど、すごく内容が偏ってて、まず一番にヲタ受けするものばかりだと思うんだけど、違うのかなあ?自分の好きなとこだけがっちりと描き込んで、あとはさらっと流すという。そこらへんが真面目なヲタクには受け入れ難いかもしれない。でも気楽に2時間、楽しめると思いますよ。わたしはあと三回ほど、ハウルが取り乱すシーンを見ておこうと思います。ああかわいいかわいい。

|| 00:57 | comments (x) | trackback (x) | ||
「エイリアンVSプレデター」(ポール・W.S.アンダーソン監督)
by くさてる

<amazon>

 まずは公式サイトを。そういう映画です。

 「フレディVSジェイソン」もそうでしたが、最近、こういうなんでもありのアメコミ原作の映画が製作されることが多いみたいですね。で、こういう映画の常として、まず組み合わせを思いついて、実際に作製にまでこぎつけただけで、その目的の80%は達せられたみたいなシロモノかと思っていたのです。なんていうの?ポスター見て大笑いしてそれで満足、みたいな(笑)。ところが実際に見てみたら、なかなかどうして、ストーリー展開の細かいことにさえこだわらなければ(ポイント)テンポ良く楽しく見ることが出来る作品でした。
 それはそもそもわたし個人が、怪獣とか怪物とかバケモノが出るだけで胸をときめかせる人種だから、かもしれません。ですが、「エイリアン」シリーズも「プレデター」シリーズも、そんなに熱心なファンとはいえない(あ、でも両方とも映画版は全シリーズ観てる…だってバケモノが以下略)のにも関わらず、それなりに細かい設定の押さえ具合が分かったりして嬉しかったな。ええ、そうです、ストーリー展開は?印も多いながら、プレデターとエイリアンという両種の設定はそこそこに押さえてる感が、お好きなひとにたまらない感があるのです。
 以下、ネタバレありの感想。

続きを読む▽
|| 19:50 | comments (x) | trackback (x) | ||

CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<  2017 - 07  >>
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
    処理時間 0.196224秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット