COUNT
PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORYS
COMMENTS
SEARCH BOX

「好き嫌い」
by くさてる
「はいどーもこんにちは」
「こんにちはー」
「漫才コンビ、ノコッタヨコッタでーす」
「あー、このサンドイッチどうしようかな」
「どしたん?」
「いや、さっきオカンに持っていきって渡されてんけどな。オレ、ツナ苦手やねん」
「ほんま?オレ、好き嫌いとかないからなー、そういうの分からへんわ」
「え、マジで?」
「当たり前やん。あんな、そもそも、それは食べるもの。食べられるからこそ、そこにある」
「お、おう」
「そりゃな、最初にこの地に生まれてきたときは、まだ人間の口に合わへんかったかもしれん。でもな、それをさんざん苦労して品種改良して産めよ増やせよで増産して、飢えに苦しむ人々のためにと人類の英知を費やした結果として、いまそれがここにある。文明の勝利、それこそがいま、お前が手にしているサンドイッチや」
「へー。すごいなあ。じゃ、おまえこれ食ってくれへん?」
「おう。……あ、これキュウリ入ってる。返すわ」
「なんで」
「オレ、キュウリあかんねん」
「待てや」
「なんや」
「お前さっき好き嫌い無いとか言うとったやないか。人間の為に作られし人類の英知の象徴、人間のための食い物!」
「いや、お前、オレの話聞いてたか」
「聞いとったから、いまお前に詰め寄ってんねや。なんでキュウリあかんねん」
「キュウリはカッパの食べ物やから」
「……あー、はいはい。おるおるこういうやつ。合コンとかでめっちゃ盛り下がるお約束やね。カッパの食い物ってそんなわけあるかいな」
「え。おまえカッパがキュウリ食うの知らへんの?」
「いや、なんか聞いたことはあるよ。なんか持って立ってる絵とかは見たことある」
「おまえ、オレがキュウリ持って立ってるの見たことあんのか」
「ないけど」
「そういうことや」
「いやいやいや、ちゃうやろ!ただの好き嫌い誤魔化すなよ!」
「カッパのことは好きでも嫌いでもないで」
「カッパのことちゃう!」
「なに言うてんねん。お前さっきからずっとカッパカッパ言うてたやん」
「キュウリ!オレがずっと言うてんのはキュウリ!」
「カッパの食べ物やんなあ」
「そやな、で、それはええねん。なんでお前がキュウリを食べれん理由がそれやねん。匂いじゃ味じゃ食感じゃ、小さいころお盆で馬を作ろうとして失敗したとかそれ相応のこと言えよ!」
「小さいころお盆で馬を」
「言うな!」
「なんやねんさっきから。キュウリキュウリカッパカッパ。オレら人間やねんから人間の話しようぜ」
「オレはさっきからずーっとお前の話してんねん」
「オレ人間やで?!」
「知っとる!いっそカッパやったら話早いのにとも思っとるわ」
「カッパやったら困るよ。オレ、背が高いからしょっちゅう皿の水こぼれてかなわんし、水のなか寒そうやし、そもそもオレ、泳ぎあんな上手ないし、水かきのなかゴミ溜まるし」
「なんもそんなに真面目に考えんでも」
「そもそもカッパは想像上の生き物やし」
「分かっとるなら説明すな!…あーもう、メンドい、お前はメンドい!」
「いまに始まったことじゃなし」
「肩抱くな!…なぁ、百歩譲って、カッパはキュウリ食べるとして、お前はカッパやないよな。でも、ええやん。カッパも食うしひとも食う、それでええやないか!」
「おまえ、人間食うの」
「せやからひとの話を真面目に聞けや!」
「あー、分かった。キュウリな。なんで嫌いかって話したらええんやろ」
「おう。そしたらこの話10分前に終わっとる」
「青臭いし。なんや水っぽいし。歯ごたえのシャリシャリした感じが超キモい。子どもの頃からうまい思うたことがあれへん」
「お、おう。それや、そういうこと聞きたかってん」
「せやからいつもおかずにキュウリが出たときはカッパにあげてた」
「5分前に話を戻すな!」

|| 21:24 | comments (x) | trackback (x) | ||
結婚祝い
by くさてる
「はいどーもこんにちは」
「こんにちはー」
「漫才コンビ、ノコッタヨコッタでーす」
「いやあ、かれのような人間をこのような晴れがましい場所にお呼びいただいて実に恐縮です」
「俺を指さしながら云うな」
「実を申しますと、僕らが今回、ここに招かれましたのは、新婦のご友人からのお祝いの一環でございます」
「いや、こんな営業は珍しいです。ぼくらみたいな駆け出しコンビ、わざわざご指名頂いてね」
「めでたい席にも関わらず、かれのような人間をお呼びいただいてなんとお詫びしたらいいか」
「せやから俺を指さしながら云うな」
「いいですね、結婚式!」
「ぶったぎりやな」
「いやホンマにええと思わへん?結婚式」
「まあ、なんていいますか、人生のあらたな門出というわけで、実におめでたい」
「なんか、世の中、不景気もあって、結婚もなかなかできないとか籍を入れるのが関の山って巧いねヨコっタん!」
「お前の滑ったネタを俺の名前で云うな」
「まあ、それでもあれですわな、籍を入れるって、あれ、なかなか大変らしいですよ」
「そうなん?俺、役所いったらそれでしまいと思てた」
「いや、お前、やったことないやろ。あれでややこしいねん」
「ほんまに」
「そもそも新婦さんは戸籍があるのかと」
「祝いの席祝いの席祝いの席!」
「出生届を出したのが、マンモスが氷漬けになってた頃とか、いやいや地球が平らで象の背中に乗ってた頃とか、ホンマ、友達や思うて好き勝手いいよりましたよ、お友達」
「あー、いま、友人席爆笑やね。そこ以外は確かに氷漬けやけど」
「失礼な話ですよ、俺、さっき新婦さんに本番前にごあいさつさせていただいて」
「ああ、行かせていただきました」
「俗に、結婚式は花嫁さんがいちばん奇麗いいますが、いやー実に可愛らしい」
「ウェディングドレスがまたたまらんね」
「よく知らないひとが見たら人間やと思いますよ」
「祝いの席や云うとるやろうが!」
「この晴れの席に合わせたようなNASAの発表。あれは式に駆けつけようとした御親戚かなにかで」
「すいませんねー、文句いうなら新婦のご友人にねー」
「そういや聞いた話によりますと、この新婦さん、料理がたいへんお上手で」
「おっ、いいねえ、新妻の手料理」
「おいおい、ヨコっタん、新婦さんが自分の手を刻んで料理してるみたいな誤解を招く発言はやめたほうがええよ?」
「お前がやめろ」
「まあ、無くなっても生えるらしいですし」
「やめろ!」
「あと、お酒もお好き。いいですよね、二人で晩酌」
「あー、憧れるね、独身男子としてはね」
「どこから飲むんやろうなあ」
「お・く・ち」
「リズミカルにでこピンしながら突っ込むなや」
「こんなに素敵な新婦と新朗、まさにお似合いのお二人です」
「新朗のチャイナドレスもお似合いです」
「俺、それはつっこまんとこ思うたのに、云うたなあ、おまえ」

 というわけで、杉本真夜さん、ご結婚おめでとうございました!


|| 00:46 | comments (x) | trackback (x) | ||
インタビュー
by くさてる
『番組を聴かれている皆さん、こんばんは!今日は売り出し中の漫才コンビ、ノコッタヨコッタさんにいらしていただきましたー』
「はいどーもこんにちは」
「こんにちはー」
「漫才コンビ、ノコッタヨコッタでーす」
『早速ですが、お二人のコンビ名の由来はなんなんですか?』
「ドイツ語の響きが昔から好きでして」
「ドイツ語ちゃうがな!めっちゃ日本語や!」
『ちょっと相撲っぽいですよね』
「そうそう。昔ね、ぼくと友達が喧嘩したことありまして」
「くっだらん話ですわ。若い頃ってしょーもないことで揉めるでしょ」
「あれ、なにが原因かなあ、忘れてしもたわ」
「戸棚にあったケーキを勝手に食べたのはどっちかで揉めたんやな」
「俺とツレはカツオとワカメか」
「ほんまは遊びに来てた中島がやな」
「話それてるそれてる」
『喧嘩が由来なんですか?』
「はい、なんやしらん、めっさ揉めたんですよ。もう殴らなしゃあない、あたりまで。こう緊迫した空気があたりに満ちて」
「それでこれはもうあかん、と男と男の揉め事やから、両者が後悔せんやりかたで行こうと」
「こいつが間に入ってきたときからおかしくなった」
「何がいな。それで俺が提案したわけですよ。相撲にしよて」
『相撲ですか』
「うん、そんな感じ。いまあなたのした顔と俺とツレの顔が同じ」
「せやけど、勝ち負け決めなしゃあないやろ、と。とりあえず、落ちてる枝で土俵書いて」
「俺も首かしげながら、もめてる相手の中島と向かい合って」
「もうこれはあかん、俺が仕切るし、他のやつは口出すな!って」
「一生懸命厚紙で軍配作り出したんやな」
「だーれも手伝ってくれへん。お前らの友情ってあんなもんや」
「すいません、想像してください。20過ぎた男が、土に描かれた丸のなかでぼーっと立って、厚紙製の軍配が出来上がるの待ってるとこ」
『ちょっと馬鹿馬鹿しくなったんじゃないんですか』
「ちょっとどこじゃなくて、もう、俺、呑みにいこうか?って中島に言うたら、中島がなんやったら俺おごるし、とか云い出して」
「そしたら俺がキレて、待てこらお前ら!なんでこの房飾りが完成するまで待てへんのじゃあ!って云うたったんすよ」
「なんでかおれら二人して、すいませんとか謝って」
『で、軍配が完成して、相撲とったわけですか』
「とらなしゃあない。こいつが一番やる気で軍配構えてる」
「一日待ってくれたら、実家帰って行司の菊綴と烏帽子取ってくるゆうたんですけどね」
「それにはさすがに俺がキレた」
「中島がもうええ、なあ黒岩、相撲とろ?ゆうて先に中に入ってなあ。あいつ、けっこうええ奴や」
「ほんまや、なんで最初もめたか思い出せへん」
「戸棚に入ってたケーキをやな」
「サザエさんはもうええ」
『…楽しいエピソードの途中ですが、ここで時間切れとなってしまいましたー。最後にお二人から視聴者のかたにメッセージを』
「みなさん、まだまだこれからのノコッタヨコッタをどうぞよろしくお願いします!」
「中島、これ聞いてたら黒岩のケータイに連絡な」
「めっちゃ私信やん!」

|| 22:00 | comments (x) | trackback (x) | ||
年金問題
by くさてる
「はいどーもこんにちは」
「こんにちはー」
「漫才コンビ、ノコッタヨコッタでーす」
「いやー、最近のニュースゆうたらあれやね。年金問題」
「そうそう。何やらえらい騒ぎになってますな」
「びっくりやんなあ、俺もう気になってしゃあない」
「マジで?俺はなんか正直云うてようわからんわあ。だいたい、払うたことないし」
「…」
「その声をなくした驚愕の表情やめい」
「…」
「メガネ外して汗ふくのもやめい」
「…」
「おしぼりでふくな!」
「せやかておまえ、払うたことないて、それこそマジか?」
「そんなこと云うたかて、サラリーマンちゃうし、自分からわざわざ払いに行くとか正直云ってピンとこんわ。だいたい、自分が年取ったときにもらえるかどうかわからんしやな…。あーあかんよ、こういうのあかんのは分かってる、でもなあ…」
「おいおい、マジであかんて。なに云うてんのおまえ。いま、ノコッタヨコッタ解散の瀬戸際やった」
「うそお」
「理由は価値観の不一致です」
「せやからなんでそこで笑顔で指環見せるジェスチャーやねん!云うてることとやってることがチグハグやがな!」
「動揺のあまりやな」
「ちゅうことは、おまえ払うてんの」
「当たり前やん。俺、そういうことはきっちりしつけられてんねん。だいたい、お前さっき云うてたこと、あれなんや。自分が歳とったときにもらえるかどうか?やらしいわあ。分かってんのか?俺らがいま払うてる年金は、そのまま、若いころから苦労してきてようやくいま年金もらえてるおじいちゃんおばあちゃんの元にいくねん。いまそれしとかんでどうするの?カッコ悪いわあ」
「うわ、ちょっと見直した。カッコええな、ヨコったん」
「まあ、そんな偉そうなこと云うてる俺も、昔は親に払うてもらった時期もあったよ。たしかにあった」
「あ、それはありやん。学生のときとかな」
「そういう時期すぎて、ようやく自分で払う義務を果たせはじめたのが、10歳のときや」
「ちょっと待て」
「せやけどキツかったで。月500円のコヅカイから計算したら、150円やて云われて。その150円が足りないばっかりに月末なったらジャンプ買われへん。気づいたらドラゴンボール終わってたり」
「いや、せやからちょっと待て」
「話途中やのに、極虎一家なくなってたり」
「いつの時代のジャンプ読んでんねん!」
「巨人大鵬たまごやき」
「わけわからんわ!ちゃうちゃう、年金払いだしたんが、10歳てなんや!だいたいお前それどこに払うてんねん!」
「おとん」
「だまされてる」
「なにがいな。ちゃんと年金手帳もあるんやで。ジャポニカ学習帳にマジックで「ねんきんてちょう」。初めてもろうたときは胸が震えた」
「だまされてる」
「今年で20冊目やから、大学ノートに昇格してん」
「絶対、だまされてる」
「せやかておとんもそうやったって。自分は10歳の頃から払いこんでるから、30になったら満期でもう払わんでええ、ゆうて、日本国から来た払い込み用紙はこうビリビリっと」
「悪人やがな!」
「ああ、俺もはよ30なりたい」
「そしたら終わるんやな」
「でも生命保険は35が満期でこれは16から」
「もうええ」

ノコッタヨコッタは、夏のお祭りのために頑張る貴女を応援します。


|| 01:47 | comments (x) | trackback (x) | ||
by くさてる
「はいどーもこんにちは」
「こんにちはー」
「漫才コンビ、ノコッタヨコッタでーす」
「いやあ、寒なってきたねえ」
「冬本番やねえ」
「冬といえば、あったかいもん食いたくなりますな」
「ええなあ」
「また俺んちで鍋やるか」
「それはいらん」
「なんで」
「お前んちの鍋、ていうか、あれは鍋料理か」
「本格的な食材使った鍋料理やんか」
「あんなあ…ちょっとすいません、お客さん聞いてください。ぼく、こいつんちの鍋だけはもうこりごりです」
「人聞き悪いわあ。お前、俺んちで鍋食ったの一回だけやん」
「その一回で懲りたがな!あれ、いつやったか。まだ学生のときですわ」
「俺は自宅やったけど、お前は一人暮らしで金ない金ない云うてた頃や。せやから、いっちょ鍋でもおごるわて話になったんや」
「その話聞いたときは、マジで嬉しかってん。ああ、小林…ちゅうのはこいつの名前ですけど、小林にも人の心があったて」
「めっさ人聞き悪い。だっておれはあん頃週に5回はおまえのおかんの飯食ってたし」
「マジかい!」
「で、お前の部屋で布団ひいて寝てた」
「住んどんかい!…いやまあ、それはともかくとして、で、鍋ですわ」
「そうそう、鍋。俺、ノコッタん来るから、いうておとんに買い物頼んでん」
「その時点で俺も気づくべきやった」
「なに云うてんのん。おとん、めっさはりきって買ってきてくれてんで、うなぎ
「それや!おかしいやん!」
「なにが」
「あんなあ、今日は寒いなあ、鍋でも食おうか、ゆう話になって、わくわくしながら手土産に缶ビールもってお宅訪問したら、テーブルに水槽入ったうなぎて。絶対間違うてる」
「ハシでつかむの大変やったなあ」
「ありえへんがな!」
「いや、俺も思うてん。鍋やって云うたのに、おとんがうなぎのほかは申し訳ていどの野菜しか用意してないのがおかしいって」
「おかしいって…それはおかしいって…」
「おとんに聞いたら、ああ、ごめんおとうさんうっかりしてた」
「うっかりか」
「鍋いうから、しゃぶしゃぶでええわ思うて、うなぎにしたんやって」
「それがおかしいっちゅうねん!」
「俺もそれ聞いて、ああ、これハシでつまんでさっとお湯くぐらせてぽんずで食うんやなって」
「みなさんそんなやりかたでうなぎ食うたことありますか。一度やってください。僕みたいに吐きます」
「だいたい、ノコッタんがもたもたしてるから、鍋ん中で煮過ぎてしもうたんやて。しゃぶしゃぶやのに」
「お前、もう一度生きたうなぎハシでつまむか?」
「動くし滑るよなあ」
「なんで俺、あのときあれ食う気になったんか自分でも分からへん」
「二人で一匹が限度やったな。綱引きみたいに端からひっぱって」
「そういう時でも、顔のほうを俺に渡すのがお前やんなあ」
「キモいやん」
「それを俺に食わすなや!しかもなんや、俺が一口でゲー吐いて、おまえもなんか遠い目になったときに、おまえのおとんが現れて」
「そうそう。お前の手土産のビール呑みながら、うなぎをさばきだしたんよな」
「…さばくんやってんな。それからならまだしゃぶしゃぶて分かるよな」
「そいでもって身の部分だけささっと湯にくぐらせて、おとんだけで二匹食った」
「お前らワイルドやなあ。そのまま食べるって若さやなあ。とかぬかしてな」
「もうその頃には、おまえが涙目になってカップ麺でええわ、云うて二人でコンビニ行ったんや」
「めっさ寒かった。気持ちも身体も胃袋も」
「あんときは悪いことした。今度はちゃんとした鍋やろうや」
「ホンマか?」
「そう思うて、いまさっきおとんに電話入れたら、ちゃんと今度はどじょう買うとくって」
「いらんわ!」


続きを読む▽
|| 01:05 | comments (x) | trackback (x) | ||

CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2017 - 05  >>
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
    処理時間 0.185504秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット