COUNT
PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORYS
COMMENTS
SEARCH BOX

「弟の夫(1)」田亀源五郎(双葉社・アクションコミックス)
by くさてる

<amazon>

 ゲイアートの巨匠、ということで、知っているかたにはとても有名だけれども、そうでないかたにはちとマイナーな作家である、田亀源五郎先生(公式サイト)の初の一般誌連載作品です。これまでの作品も何冊か読んだことはあるのですが、読者として明らかに対象外でありました(わたしが)。でも、田亀先生のTwitterのファンでもありましたので、今回のこの連載が一冊にまとまるのをとても楽しみにしていたのです。

 主人公、弥一の双子の弟が結婚していた相手は、カナダ人で男性でした。10年逢わないあいだに、弟は亡くなり、その弟の結婚相手が家にやってきたことで、娘と二人で暮らしている主人公は、その状況に困惑せざるをえません。いったいどんな風に対応したらいいのか…という内容の作品です。

 ゲイマンガを描いてきた先生ならではのお話、と思いもしましたが、そういう前提抜きでも十分読める、面白いお話だと思います。10年離れて暮らしてきた弟の突然の死、そして弟の結婚相手が男性でカナダ人だったこと、二重の異文化との出会いに対する弥一の反応が、とても丁寧に描かれていて読んでいて感情移入がしやすかったです。こういうテーマだと、単純に同性愛への嫌悪や偏見を前に出してお涙頂戴的なお話にすることも可能だったと思うのですが、そういう分かりやすい悪役や悲劇はいっさい出てこない。むしろ、そういう現実を目の前にした時の人間の感情としての、迷いや戸惑い、どうしていいか分からないからこそ無難にやり過ごしてしまう、という正直さが自然でした。うん、どうしていいか分からないよね。頭の中でごちゃごちゃ思ってても、口に出せずにとりあえず、固まっちゃうよね。

 そして、頭の中で思ったことをそのまま口に出しちゃうのが、弥一の娘の夏菜ちゃん。夏菜ちゃんの描写がまた自然でいいのです。カナダ人のおじさんなんて楽しいし、友達に自慢したいし、(男性同士の結婚が)こっちで良くてあっちでダメなんて、そんなの変だよね!また、この夏菜ちゃんの体型とか動作とかが、なんとも子どもと少女の端境期にいるもさっとした感じで、そういう子だからこその素直さだなーと説得力ありました。美少女とかそういうのでなくて、こどもはこどもであるだけで可愛いという現実がここにはあります。

 田亀先生の描線は、わたしにとっては劇画的というよりはよりマンガ的に可愛らしく見えます。1話の口絵とか超可愛い。けれど、その線で描かれる男性人物の肉体は生々しく、男性の肉体をこういう風に解釈して表現するやりかたがあるんだな、と、体毛や筋肉の描写にエロスを感じるのがちょっと新鮮でもありました。そこらへんはやはり先生ならでは、かな。

 マンガとしては、丁寧にエピソードが積み重なっていくタイプのお話なので、1巻では、正直いってまだこれからという感じではあります。マイクはそもそも長期滞在するつもりがあるかどうかも良く分からないし、最終話でのある人物の登場で、弥一にも家族との関係についてなにかしら抱えるものがあることが推察されます。今後どうなっていくのかがとても期待の一冊です。


|| 22:04 | comments (x) | trackback (x) | ||
劇団第14帝國 「ライヒス•リッターVol.29〜元帥のやっぱりダイヤだ〜」(名古屋clubダイヤモンドホール)
by くさてる
 
 今日は、名古屋clubダイヤモンドホールにて第14帝國式典 「ライヒス•リッターVol.29〜元帥のやっぱりダイヤだ〜」の日であります。1月に行われたell. FITS ALLでの「柊生元帥と定光寺中将の『どこまでも第14帝國』(重大発表あり)」で、元帥と大将と中将の三人が再び手を組み、万難を排しての新作式典をする、という決定が行われてから4カ月がたち、ようやくその新作式典のお披露目となったわけです。式典が近付くにつれ、新しい公式サイトのオープン、元帥や風間少佐、児玉中尉によるTwitterでの連続告知などにより、盛り上がってる感が高まっていて、いざその当日となると、ただの一臣民であるわたしまでがなんだかどきどきと落ちつかない気持になっておりました。

 そう、GW最終日ということで、恐ろしく込み合う新幹線のなかでニ時間たちっぱなしになりながらも、心はそわそわと落ちつかず、なんだか微妙に泣きそうになっているような緊張感が続いていました。なんだろうこれ、と思ったものの、すぐに思い当たりました。大昔、それこそ帝國が東名阪で連続式典を行っていたとき、初回の公演を観る前にはこんな風になっていたものです。安心して見ることが出来ていた「オレたち14帝國」では感じることが無かった、この緊張感を、頭より先に身体が思いだしていたのですね。

 しかしそんな緊張感も、名古屋駅で再会した臣民の皆さまとのお茶会での楽しい語らいで、見事に消えていきました。いや、あれだけ笑ったら緊張もなんも無くなるわ(笑)。るなさま、圭木さま、Aきちゃん、Kすずさま、というさすが選ばれし我が精鋭たちよ、な皆さまだけあって、とっても楽しかったです。そんな面白い会話なのでぜひ記録に残しておきたかったのですが、色々と差し支えがある内容なので、断片的に。「本人が書いているとしか思えない」「人間関係の賞味期限が長く持って二年間」「…さえいなければ行くのですが」「実家が太いに一票」「五歳下って旦那様は小学生ですか」「これもトマトです!」「やっぱりリバウンドしたままじゃん!」本当にありがとうございました。そして肝心の今回の式典についての予想としては「二時間で終わったらそれだけでも大絶賛する」という共通見解がもたらされました。いやー裏切られましたね…。

 ダイヤモンドホールでは、いつもの臣民仲間、真夜さんとMちゃんと合流。ダイヤモンドホール、あちこちが綺麗になっていましたが、階段待ちが暑いのは変わらなかったですね…。臣民歴が長いと、挨拶どころか目線も合ったことがないのになんとなく顔馴染みな感じがするひと、というのが自然と出来るものですが、今回の式典では、これまでにいたそういうひとたち以外にも年齢層が若めのお嬢様がたや男性が多くなっていたような印象を受けました。

席について、配布されたチラシの中身など確認していると(ポストカードのプレゼントがありました!)、なかには「帝國総選挙」なる投票用紙が。スタッフの皆さまが記入を呼びかけておられます。今回の式典の参加リッターの名前がずらりと並んでいるのですが、個人的にはその他の欄があるのが受けました。「倉橋とか書いていいのか」「ごめん、あたし藤原少佐」「そこでまさかの岩芯ですよ」「いっそ千葉大将で」などとふざけた会話を交わしましたごめんなさい。もちろん投票自体は真面目に丸をしましたよ。

 5時半開場6時開演予定だったのが、開場の段階から押してしまって、定光寺中将による開演前アナウンスが流れたのが6時半前でした。ウキウキとした口調で話す中将の声からは、式典前のハイテンションが伝わります。大事なのは非常灯の消灯だけでなく、ですね。録音録画の禁止とかもあるんじゃないんですかね(笑)。

 以下、式典の感想となります。再演の予定も発表されませんでしたので、ネタバレもしています。また、褒め言葉ばかりの内容でもありません。あくまで一臣民の感想ではありますが、それらの点をご了承頂けましたら、続きを読むをクリックして読んで下さいね。

続きを読む▽
|| 20:54 | comments (x) | trackback (x) | ||

CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2015 - 05  >>
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
    処理時間 0.151833秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット